カテゴリー
日記

2020目標中間振り返り

振り返り

目標立てたわけだけど、今のところまあまあいい感じではある。

  1. 本業で成果を残す、安定させる
    まあまあ。ちゃんと成果は出せているつもり。ただ大きく事業を成長させられてはいないのでまだまだ頑張らないといけない。相変わらずキャリアは考えていないけど、この経験を自信を持って対外的にアピールできるように持っていきたい。そうすれば転職時などに有利。
    70点。
  2. 副業を継続するかどうか判断する
    継続という判断をして、今は新しいところで単価9000/時間なので良い方だと思う。能力発揮できてるし、成長もしているし、成果も開発陣の中では一番残している自負はある。このまま続けて行きたい。これも良い経験になるので、仮に転職などをまたするときに有利になるはず。
    100点。
  3. 上記合わせて1000万稼ぐ
    達成予定。文句なし。
    100点。
  4. 結婚相談所を始める
    全くはじめていない。とはいえコロナがあるので仕方ない点もある。これは正直困っているしどうしたものか。
    0点。
  5. 年間5冊以上IT関係以外の本を読む
    これも何もしていない。
    0点。
  6. 新しい趣味を始めて継続する
    (今の所DTM)
    DTMは継続できていない。ただし、車を購入しキャンプは少し本格化した。前進。頻度は高くないが、質は向上したし、一緒に行ってくれる人もちらほらいる。
    50点。

合計 320点/600点

というわけでまあまあ良い感じではある。

これから(残り4ヶ月)

  1. 本業で成果を残す、安定させる
    もう少し頑張る。デカイ機能の開発が待っているので、それをしっかり今年中に良いものに仕上げる。
  2. 副業を継続するかどうか判断する
    継続。今の調子でやる。少しオーバーワーク気味なのでペースダウンはあり。
  3. 上記合わせて1000万稼ぐ
    継続。
  4. 結婚相談所を始める
    9月中に何かしら行動し始める。とりあえず面談行ってみるとか。
  5. 年間5冊以上IT関係以外の本を読む
    IT以外というのがざっくりしすぎていた。今ちょうど住宅に興味があるのでそれ関連の本を読もうと思う。そして情報を集めて、住宅購入の戦略を立てる。
  6. 新しい趣味を始めて継続する
    (今の所DTM)
    とりあえず今年はキャンプに力を入れる、で良いと思うので、それを継続。他は一旦いいや。考えてる余裕なし。

カテゴリー
未分類

2019年度分確定申告、個人的メモ

以前こちらで確定申告のメモを作ったけど色々と状況が変わってきたので、追記する。

変わった点

  • MFを契約したので、そちらで確定申告の処理ができるようになった
  • 副業を始めたので事業所得についても青色申告する必要が出てきた
  • 年末調整で書類を出さなかったのでiDeCo分についても確定申告が必要だと思われる(上記のメモだと年末調整で良いと書いたけども。)

というわけで作業をしつつ進めていく。

まずは副業分の処理

これは日頃入力しているし特に難しいことはない。MFの資料に従って各項目が正しいかチェック。

副業分の項目は勝手に入力される。

源泉徴収の処理

源泉徴収の「支払金額」と「給与所得控除後の金額」と「社会保険料控除等の金額」を各所に入力。ここが参考になる。生命保険や扶養はないので、それらは入力しない。

青色の事業専従者控除も2019年はないのでなし。来年は出てくるかな、どうするか次第だけど。

iDeCoの処理

小規模企業共済等掛金払込証明書が届いていない・・・多分郵送されるものでSBIのページで電子データで交付されるものではないと思う。iDeCoの方の住所変更をし忘れていたのが原因ぽい。

普通ならこれが届いてこれを年末調整で出すか、確定申告時なら小規模企業共済等掛金控除に入力する。

書類の右下部分に「小規模企業共済等掛金控除」の「確定拠出年金法に規定する個人型年金加入者掛金」と書かれている箇所があります。その右側の空欄と、「合計(控除額)」の欄に、その年のiDeCoで払った掛け金の総額を記入します。

https://www.tantonet.jp/qa/2263

とのこと。

NISA

これは確定申告の対象でないっぽいので不要という結論。以前と変わらず。

外国株の分配金

外国税額控除はMFでは完全にサポートしていなくて、計算するためには国税庁の確定申告計算のツールを使わないといけない・・・

なので、ここまでMFでやってきたのに、入力値をそっちでも入力しなくてはいけなくてとても面倒。どうせ戻ってきても数百円、数千円のレベルなので、手間に見合ってない。なので今年はやらないことにした。多分、今の外国株配当が10倍とかのスケールになったらやった方が良い気がする。

提出

ここを参考にまずはxtxファイルを出力する。実際はxmlが出力されたが問題なかった。

e-TaxのWinソフトを起動したら所得税の申告の部分でその年の確定申告のフォーマットをインストールする。

ソフトに組み込みでxmlを取り込み、基本情報を編集し、内容を確定させる。

署名画面を開き、ICカードリードライタを使ってマイナンバーカードで署名。

最後に送信画面で送信して終わり。のはず。

今回のまとめ(MF前提)

  • 収入・所得
    • 収入金額等、給与:支払金額
    • 所得金額、給与:給与所得控除後の金額
    • 第二表の所得の内訳:源泉徴収税額などを入力
  • 所得から差し引かれる金額
    • 社会保険料控除:源泉徴収票のとおり
    • 小規模企業共済等掛金控除:iDeCo

カテゴリー
未分類

目標立ててから1ヶ月経過したが

DTMはまずは前提知識やパッドの使い方がおぼつかないしまだまだ趣味というレベルではない。

というか副業が忙しい。単価6000目標だったけど周りの友人の話を聞くと10000円だったり7000円だったりで、自分の志が低かったかもしれない。改めて考えてみると自分の能力なら6000-8000は行けそうだし妥当な気もする。現場次第では10000円でも重宝されるだろう。

忙しいけどまあ順調で、成果は出せてると思うし、スキルも上がってきていると思う。元同僚が言っていた副業でスキルは伸ばせるというのは本当だったらしい。

本は読んでない、そこはダメ。

結婚相談所はまだ何もアクション起こしてない。

節税も兼ねて車を買う計画が出てきたので、2, 3月で車をなんとかして、遅くとも4月から行動開始と行きたい。

肝心の本業の方はぼちぼちでもうちょっと気合入れてやらにゃあかん。

引き続き残り11ヶ月頑張っていく。今年はがんばる年にするぞ〜
(ゲーム・アニメは程々にできてるのでそこは良いと思う)

カテゴリー
日記

2020年の目標

後で振り返る用に2020年の目標を立てておく。

10年くらい前は毎年ちゃんと目標を立てていたけど、いつの間にか立てなくなり、今に至る。久々に目標立てる。

目標あった方がハリのある生活になる気がする。

  1. 本業で成果を残す、安定させる
  2. 副業を継続するかどうか判断する
  3. 上記合わせて1000万稼ぐ
  4. 結婚相談所を始める
  5. 年間5冊以上IT関係以外の本を読む
  6. 新しい趣味を始めて継続する
    (今の所DTM)

1. 本業で成果を残す、安定させる

本業の方で大きな変動があり、状況がかなり変わった。
開発リソースはほぼ自分しかないし他は頼れない状況なので、俺が頑張るしかない。
開発を通して、黒字化し、継続できればゴール。
上手くいけば年収+25%は行けるようなので頑張りたい。
+25%行ければ同スキル同年代の人達に並ぶの遜色なくなるし、転職の理由も減る。
(SOの分を考えれば似たような人たちよりは待遇面でプラスとも考えられる)

2. 副業を継続するかどうか判断する

2019年の11月から副業を始めたわけだが、メリットもあればデメリットもある。

本業だと経験が不足したり新しいチャレンジができなかったりするが、副業でそのあたりをカバーできる。年収面でもさらに稼げるので嬉しい。
が、時間が足りなくなる。趣味などにもっと時間をかけたい。平日夜に飲みにいけないというのもある。
現状だと本業より副業の方が時間単価も安いので、なおさら続ける理由が薄れる。
現状より、条件が良さそうな副業を紹介してもらえそうな話もあるので、それらも踏まえて今後副業を続けて行くのが本当に得なのか判断したい。
副業をちゃんと本業と並行してできて、さらに本業より高い単価で(6000円/時くらいは行きたい)、スキルも向上できる案件がベスト。

3. 上記合わせて1000万稼ぐ

行けるか怪しいけど、いけそうなら行く。他の案件も並行できそうなら並行して。今年は趣味より仕事に時間をかけてどれくらい自分が稼げるのか試してみたい気がする。

4. 結婚相談所を始める

流石に自然な出会いで恋愛結婚はもう無理なので、結婚相談所を使ってみる。
これがダメならもう今後結婚できる可能性は0だし、そのときはきっぱり諦められる気がする。
相談所を使ってみて、結婚・交際に向いていないと気づける可能性もあるので、多少高いところには目を瞑ってやってみる。

5. 年間5冊以上IT関係以外の本を読む

https://note.com/maskedanl/n/naa2411df3340

こういう感じのIT以外の本を年間5冊読んで新しい知識を仕入れる。インプット強化。

6. 新しい趣味を始めて継続する

見識を広めたり行動の幅を広めるために新しい趣味を始めてみる。
とりあえず今は興味があるDTMを始めてみようと思う。すぐに飽きて金の無駄になるかもしれないけど。そのときはまた新しいことを見つけてチャレンジしてみたい。

まとめ

一言で言うと飛躍・挑戦の1年にしてみたい。

だいぶメンタルも回復してきたし、ここらで復活したい。

カテゴリー
未分類

住宅購入の計画

方針

独身のままか結婚するかで変わる。

  1. 独身
    1. 実家で親とともに生活
    2. 新居を購入し、親とともに生活
  2. 結婚
    1. 新居を購入し、パートナーとともに生活

3パターンのどれかかな。親元から離れて生活する手もあるけど、寂しくなりそう(一人暮らしの時はそうだった)。あと、一人で賃貸で暮らすと金がたまらん・・・コスパが悪い。

1-1は良いんだけど、そうすると金の使い道が無さすぎて夢もハリもない。独身で俺の代で終わるなら金貯めて死んでも意味ないし。使いたいけど住宅購入くらいしかでかい金のつか道がない。

1-2は収入源が自分しかないので、買えてもMAX 5000万かな。今の実家を売って、それを使えるのであればMAX 8000万くらいの物件は買えそうかも?流石にボロいマンションとはいえ売れば3000くらいにはなりそうな・・・いや、甘いかなあ。

2-1は共働きかどうか、相手の経済力によって大きく左右されそう。5000-10000かなー。実際10000とか無理そう。相手が相当稼いでいて、子供作らない場合とか?仮にローンが10000万で30年だと月30万返済とかになる・・・。世帯年収1500で税金引いて手取りで約1000, 月30返済だと年360なので640余り。
まあ生活はできるけど子供とかいたら余裕はないだろうなあ

確か実家は30年前に3000万?新築で親が買っていて、今売れば多分3000にはなると思う。駅近ではないけど立地的に色々とアクセスは悪くないので(品川だし)、資産価値が下がっていないんだと思う。

他にも色々と理由はあるけど、俺も買うなら都心、駅近は必須条件としたいと思う。資産価値下がらないし。とはいえ、庭付きガレージ付きの広い一軒家とかも憧れるので多少郊外になってもそういうのもありだとは思う(どうせあまり出かけないし家にいる時間が長いので家の中こそ一番重要)

戸建かマンションか、都心か郊外か

現時点だと決められねえ・・・というか結婚するならパートナーの意見が重要なわけで、今の時点ではまだ買えない。結婚するかどうかもまだわからない。まずはそこをはっきりさせるのが先決か?

まず都心の戸建は厳しいと思うので考えなくて良いとは思った。1億未満で買える戸建は都心とはいえ立地微妙だし、中古だったりするし、木造だったりするし、縦長で土地面積全然なかったりするし、ガレージついてなかったりするし、ついてても1Fが階段だけです、みたいな物件ばっかりだし、色々と微妙なきがする。

買うなら郊外、と言ってもどこからが郊外か分からないけど、郊外の戸建か、都心のマンションかな。出勤に時間をかけたり、満員電車に揺られたり、飲み会で遅くなって帰るときに最寄駅から長時間歩きたくはない・・・。なので都心のマンションの方がいいかなとは思う。けど、今現在リモートで働いているし、これが続くなら別に郊外でも良い気はする。

リモートがこのまま続くか分からないし、転職したとして、そこに移動しやすいのは都心(山手線沿い)だし、結婚してパートナーも働く場合、都心の方が有利だし、出かける時も都心の方が便利だし、都心かなあ。ただマンションの場合、駐車場などの維持費が高くて車は持てないと思う。週1使うかどうか程度だと持ってても微妙だろうし。

徐々に考えや計画をアップデートしていこう。