カテゴリー
未分類

ダイエットはじめた

ダイエットをはじめた

流石にリモートで1日500歩歩くかも怪しい生活なので太ってきた。リモートじゃないうちは太らなかったので、多少歩くというのだけでも重要らしい。

ちなみに引きこもる前と後でそれ以外の生活リズムはほとんど変わらない。むしろ会社に行かない分間食は減ったし、ジュース類も飲まない。飲み会も減ったまである。歩かないだけでこんなに太るのか!?と思った。いうて歩いてる距離も1日合計30分程度なんだけど。

太ったので痩せて健康になりたい、というのが目的だけど、もう1つ目的はあって、婚活を開始する予定なので、少しでも外面をよくしようというのもある。

結局どうなりたい?

痩せたいということには変わりがないので、当初筋トレは考えていなかった。

が、友人から

「結局達成したいことは痩せることじゃなくてシルエットをよくすることだろ?」

と言われて、なるほどな、と思った。

確かにはじめたきっかけや動機的には今では婚活用という側面が強い。そして別にBMI的には肥満ではないので、最悪痩せなくても(体重が減らなくても)良い。

とにかく腹回りをすっきりさせたいのだ。

というわけで、改めて目的を設定した。

目標

主目標:腹回りをすっきりさせて、見た目を整える

副目標:-5kg痩せる

主目標が定量的ではないけど、まあよしとする。

ダイエットメニュー

とりあえず夕飯は家族が作ってくれるし、普通に食べる。おそらく800kcalぐらいだと思う。

朝は食べずに昼は日によって食べたり食べなかったりで、最近は毎日1.5食なのだが、運動するようになってから間食するようになったので実質2食だと思う。

食事は以下のような感じで行く予定。

昼:低GIの食品を少しとる程度。寝起き後にすぐ運動する場合は食べない。ゆで卵、鳥ささみ、スープ、ヨーグルト、チーズあたりを考えている。今後増やしていきたい。400kcal予定。

夜:家族が作ってくれた普通の食事。+栄養補強のためにビタミン剤。2食だと多分足りないので。800kcal予定。

間食:運動後のタンパク質用。昼と同じ低GIのものを運動後に食べる。今後はプロテインにするかも。200kcal予定。

1日1000-1400kcal程度で行こうと思っているが、辛かったら2000kcalまで増やす。食事で無理をしてもリバウンドするため。

カロリー計算

https://tomari.org/main/java/kenkou_kisotaisya.html

ここで計算したところ
基礎代謝:1643kcal
総消費カロリー:2136kcal

本当か・・・?リモートなってからそんなに食べてないぞ?と思ったけど、お菓子食べたり、昼飯にスパゲッティ大盛り食べたり、寝る前に食べたり、宅飲みしたりでなんだかんだ1600kcalは超えてたかもしれない。

しかしこれからは超えない。

そして自分の活動量的には2136kcalらしいので、仮に2000kcalまで増えてしまった日があったとしても、他の日は少ないはずだし、平均してせいぜい1600kcalくらいだと思うので痩せていくと思う。

運動メニュー

この記事を書いている段階でまだ4日しか経っていないのだけど、以下で行く。

基本方針

  1. 毎日継続が最優先
  2. 運動時間や負荷は問わない
  3. 有酸素運動と無酸素運動両方やる

過去の自分をみるに無理しても続かない(ジムに毎週行くを1年続けたり、習い事を毎週続けたり、一応素養はあるが)。

なので、とりあえず軽くでも良いし1日5分でも良いのでとにかく続ける。徐々にきつくしていけば良いし、カロリー計算しっかりしていれば少しの運動でも痩せていくはず。

有酸素運動はメインは自分の好きな水泳で、プールが開いてない日はウォーキングとする。Max 30分で、目標は20分。20分を毎日やれば週140分なので、どっかのお偉い機関が推奨している150分に近くなるのでちょうど良い。

Fitbitを買ったのだけど、そいつによると30分ウォーキングしたら300kcalの消費とでた。普通は100-150kcalっぽいし、流石に嘘っぽいけど、まあとりあえず続けることが大事。

無酸素運動は毎日5分を目安にしようと思う。まだ初めて無いけど。

一番気になるのは腹なので、とにかく腹筋あたりを強化できるものをやる。プランクとかもいいかも。ダンベル買ったので、ダンベルサイドベントとかで腹斜筋を鍛えるのも効果がありそう。

というか、腹が出てきたのは太ったからというよりも年齢によるものな気がしている。

最近は5kg太ったが、20代前半からほぼ体重に変化はなく、あの頃は明らかに腹回りはまだマシだったのだが、30近くなってきたらメタボのような腹になってきた。多分筋肉が衰えて、内臓が垂れている?

でも腹は摘みづらいので内臓脂肪が多いのかもしれない。これは腹筋を鍛えても改善しないらしい。

やはり一番はまずは脂肪を減らす有酸素運動だと思う。

とりあえずこのあたりの筋トレのことはもう少し別のタイミングで調べようと思う。

カテゴリー
未分類

アニメ業界向け投げ銭はありかなしか

元ツイートは忘れてしまったが、誰かが

面白かったアニメ、あるいはそのアニメを作ったアニメーターに投げ銭をしたい、と言っていた。

似たようなことを考えている人は結構いるし、自分も考えたことはある。

Pixiv FANBOXなどでは特定の会員向けに限定公開のイラストを公開するというビジネスモデルを展開していて、これがある意味投げ銭に近い。投げ銭そのものを提供している類似サービスもある。

使っているアニメーターは多いだろうが、全てのアニメーターが使っているわけではないと思うし、そもそも忙しくてFANBOXに何か投稿をできない、という人もいると思う。版権ものを投稿できるか、と言う問題もあると思う。

FANBOXのようなサービスは限定の何かが見れると言う大きな対価を伴っており、投げ銭と言う点には主眼は置かれていない。といっても形式が投げ銭ではないだけで、クリエイターをサポートするという点に主眼が置かれているので、ある意味同じではあるが。

ともかく投げ銭主眼ではないし、単に投げ銭したいだけで限定コンテンツは不要という人もいるとは思う。

なので、アニメーター向けの投げ銭システムがあっても良いのでは?と思った。

アニメーターは薄給らしいので、投げ銭があった方が嬉しいのでは?とも思う。

ただ、これを作って欲しくない、流行って欲しくないと言う人もいて、その理由は、アニメーターの待遇はアニメ会社・業界で改善していくべきもので、投げ銭で稼げるからアニメ会社はアニメーターに高給を払わないで良い、とはなって欲しくない、ということらしい。

確かにそれは同感で、これだけの文化・産業を生み出しているアニメーターはもっと報われて良いとは思う。

なので、投げ銭システムのようなものはない方が良いのではと自分も思う。

作る分には法的に解決すべき自分の中の課題はあるが、決済システムを作ることに関しては自分はできると思うので問題はない。

いろいろ書いたが、一プログラマとして、アニメ業界、特にアニメーターに何かしらの貢献をしたい。何かいい方法はないものか

カテゴリー
未分類

最近得た知見

消費税

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/01_3.htm

個人事業主の場合は基準期間(1/1から12/31)か特定期間(基準期間の翌年1/1から6/30)に売り上げが1000万を超えると納税対象となる。

2年後に納税対象者となる・・・というか、現在の年の前々年と前年の1/1から6/30を基準期間および特定期間というらしい。

例えば2020に1000万超えると、2022年は納税対象となり、2022年の確定申告を行う2023春には消費税を納める必要がある。多分。

システム開発の場合はみなし仕入れ率は50%が一般的な模様。多分だけど、サービス業というくくりなのか・・・?

事業税

事業税は払う必要なし。特定の業種に当てはまらないため。

経費

今までは事業用の車とか飲み代(接待交際費)とかを経費にしていたが、他にもいろいろいけるらしい。

事業として、市場調査目的などで説明できれば経費として認められるので、家電紹介アフィblogを事業として家電を経費精算とか。

今後は事業の幅を広く考えて他にもいろいろ経費精算してみようかな。

布団

掛け布団は重い方が寝れるらしい。実際に試したところ睡眠障害が改善した。

睡眠障害患ったタイミングと布団が軽くなったタイミングがほぼ一致するし、かなり有力情報っぽい。

カテゴリー
日記

2020目標中間振り返り

振り返り

目標立てたわけだけど、今のところまあまあいい感じではある。

  1. 本業で成果を残す、安定させる
    まあまあ。ちゃんと成果は出せているつもり。ただ大きく事業を成長させられてはいないのでまだまだ頑張らないといけない。相変わらずキャリアは考えていないけど、この経験を自信を持って対外的にアピールできるように持っていきたい。そうすれば転職時などに有利。
    70点。
  2. 副業を継続するかどうか判断する
    継続という判断をして、今は新しいところで単価9000/時間なので良い方だと思う。能力発揮できてるし、成長もしているし、成果も開発陣の中では一番残している自負はある。このまま続けて行きたい。これも良い経験になるので、仮に転職などをまたするときに有利になるはず。
    100点。
  3. 上記合わせて1000万稼ぐ
    達成予定。文句なし。
    100点。
  4. 結婚相談所を始める
    全くはじめていない。とはいえコロナがあるので仕方ない点もある。これは正直困っているしどうしたものか。
    0点。
  5. 年間5冊以上IT関係以外の本を読む
    これも何もしていない。
    0点。
  6. 新しい趣味を始めて継続する
    (今の所DTM)
    DTMは継続できていない。ただし、車を購入しキャンプは少し本格化した。前進。頻度は高くないが、質は向上したし、一緒に行ってくれる人もちらほらいる。
    50点。

合計 320点/600点

というわけでまあまあ良い感じではある。

これから(残り4ヶ月)

  1. 本業で成果を残す、安定させる
    もう少し頑張る。デカイ機能の開発が待っているので、それをしっかり今年中に良いものに仕上げる。
  2. 副業を継続するかどうか判断する
    継続。今の調子でやる。少しオーバーワーク気味なのでペースダウンはあり。
  3. 上記合わせて1000万稼ぐ
    継続。
  4. 結婚相談所を始める
    9月中に何かしら行動し始める。とりあえず面談行ってみるとか。
  5. 年間5冊以上IT関係以外の本を読む
    IT以外というのがざっくりしすぎていた。今ちょうど住宅に興味があるのでそれ関連の本を読もうと思う。そして情報を集めて、住宅購入の戦略を立てる。
  6. 新しい趣味を始めて継続する
    (今の所DTM)
    とりあえず今年はキャンプに力を入れる、で良いと思うので、それを継続。他は一旦いいや。考えてる余裕なし。

カテゴリー
未分類

2019年度分確定申告、個人的メモ

以前こちらで確定申告のメモを作ったけど色々と状況が変わってきたので、追記する。

変わった点

  • MFを契約したので、そちらで確定申告の処理ができるようになった
  • 副業を始めたので事業所得についても青色申告する必要が出てきた
  • 年末調整で書類を出さなかったのでiDeCo分についても確定申告が必要だと思われる(上記のメモだと年末調整で良いと書いたけども。)

というわけで作業をしつつ進めていく。

まずは副業分の処理

これは日頃入力しているし特に難しいことはない。MFの資料に従って各項目が正しいかチェック。

副業分の項目は勝手に入力される。

源泉徴収の処理

源泉徴収の「支払金額」と「給与所得控除後の金額」と「社会保険料控除等の金額」を各所に入力。ここが参考になる。生命保険や扶養はないので、それらは入力しない。

青色の事業専従者控除も2019年はないのでなし。来年は出てくるかな、どうするか次第だけど。

iDeCoの処理

小規模企業共済等掛金払込証明書が届いていない・・・多分郵送されるものでSBIのページで電子データで交付されるものではないと思う。iDeCoの方の住所変更をし忘れていたのが原因ぽい。

普通ならこれが届いてこれを年末調整で出すか、確定申告時なら小規模企業共済等掛金控除に入力する。

書類の右下部分に「小規模企業共済等掛金控除」の「確定拠出年金法に規定する個人型年金加入者掛金」と書かれている箇所があります。その右側の空欄と、「合計(控除額)」の欄に、その年のiDeCoで払った掛け金の総額を記入します。

https://www.tantonet.jp/qa/2263

とのこと。

NISA

これは確定申告の対象でないっぽいので不要という結論。以前と変わらず。

外国株の分配金

外国税額控除はMFでは完全にサポートしていなくて、計算するためには国税庁の確定申告計算のツールを使わないといけない・・・

なので、ここまでMFでやってきたのに、入力値をそっちでも入力しなくてはいけなくてとても面倒。どうせ戻ってきても数百円、数千円のレベルなので、手間に見合ってない。なので今年はやらないことにした。多分、今の外国株配当が10倍とかのスケールになったらやった方が良い気がする。

提出

ここを参考にまずはxtxファイルを出力する。実際はxmlが出力されたが問題なかった。

e-TaxのWinソフトを起動したら所得税の申告の部分でその年の確定申告のフォーマットをインストールする。

ソフトに組み込みでxmlを取り込み、基本情報を編集し、内容を確定させる。

署名画面を開き、ICカードリードライタを使ってマイナンバーカードで署名。

最後に送信画面で送信して終わり。のはず。

今回のまとめ(MF前提)

  • 収入・所得
    • 収入金額等、給与:支払金額
    • 所得金額、給与:給与所得控除後の金額
    • 第二表の所得の内訳:源泉徴収税額などを入力
  • 所得から差し引かれる金額
    • 社会保険料控除:源泉徴収票のとおり
    • 小規模企業共済等掛金控除:iDeCo