ジャパネットと画素数

適当にチャンネル回していると
ジャパネットがやっているではありませんか。
他に見るものもなかったので
適当に見ることに。
「あー・・・デジカメかあ・・・いいなあ・・・」
デジカメほしいなーなんて思っていると
やはり出てきました画素数。
当然ですね。性能指標になってるし。
で、その有効画素数ってのが1000万とか・・・。
しかも1000万をやたらとプッシュする。
なんだかここまで行くと呆れてくる。
意外と知らない人もいるかもしれませんが
500万画素以上はほぼ無意味です。
例えばPCの画面でその写真を見るとしますよ。
最大化で。
大体一般家庭だと解像度1280*1024とかかな?
この数字は何かっつーとそのまんま解像度
なんですが・・・
ようするにピクセルの数です。
横に1280個、縦に1024個の点があって
この点が色を出力して写真を再現してるわけですね。
1280*1024=1310720
131万です。
ようするに131万画素で撮った写真を
そのまんま再現できるんです。
じゃあその2倍、262万画素で撮った写真はどうか?
表示しきれないので縮小されます。
情報量も半減です。どっちの写真も変わりません。
で、1000万画素のデジカメとかなんなんですか?
ここで「PCじゃなくて写真にすれば意味あるのでは」
と思う方がいるかもしれませんが
写真を作るのはプリンターです。
プリンターはインクを飛ばして写真を作ります。
そのインク1粒の大きさにも限界があります。
インク1粒が1ピクセルだとでも思えば良いです。
つまり本来めっさでっかい写真を
小さい枠に入れようとしても再現できないということです。
1000万画素は無駄すぎる。
他にも色々デメリットはあります。
ちなみにアナログの写真が綺麗なのは
データがアナログ(連続した値)だからです。
量子化したデジタルものには限界があります。
ただ、もしかしたら
1000万画素の写真データをDA変換して
かなり綺麗な写真を作る。
なんてことは案外実現してそうな気も・・・。
何か変な話になってきたので
ここらでちょっと変えます。
で、ジャパネット見てたんですけど・・・
「これほんとに安いのか?」
と思い、価格.comで調べてみました。
やっぱり最安値には遠く及ばなかった。
2万7000のIHジャーは最安が2万2000くらいだったし
最新ドラム洗濯機に至っては2万以上差があった・・。
最もこれは古い洗濯機の下取りがあって
下取りすると最安値より1万くらい安くなります。
それでも微妙だが・・。
さらに調べてみると・・・・
これ設置はしてくれないらしいwwwwwwwwwwww
持ってくるだけかよwwwwwwwwwwwww
設置は有料で+3000
はじめからサービスにしてしまえばいいのに・・・。
と、ジャパネットは実はそんなに安くないということが
わかりました・・。
ちゃんと調べてみるもんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です