もう7月ですよー。
大学前期も@1ヶ月。早いです。
そしてだんだん熱くなってきましたね。
我が家では本日よりクーラーを解禁しました(勝手に)
といっても天気がよろしくないので
結構涼しいですね。
今週一週間は曇りなんだとか。やっほーい。
ポケモンいい感じです。
素早さ0、特攻V、その他平均20のコイルが
用意できたので結構はっぴー。
次はトリパじゃないけど物理受けのグライオンです。
なべおが突っ込んでくれたので
カラオケについての考察を少々。
以前にカラオケは共感である。といいましたが
究極的にはこれの一点だと思います。
結構主観入ってますが
まず次のような状況を想像するとしましょう。
誰でも経験ある状況だと思います。
・人数は4名以上
・友人同士、同窓会等の知り合い同士で入店
・時間は入店から2.3時間経過
序盤はとりあえず誰か歌い終われば拍手したりします。
でも中盤以降はメンドイのでしません。
持ち歌やメジャーどころは大抵出た後です。
疲れも結構出てきました。
そんな状況でA君がSMAPのオレンジをチョイス。
大抵皆知ってます。好きな子も多いです。
それを皆で歌うもよし。
A君の歌うオレンジを皆で聴くもよしです。
B「あー、こんな歌だったなあ」
C「やっぱいい歌だわー」
D「(Aに誘われて一緒に歌って満足)」
例え盛り上がらなかったとしてもOKです。
ところが
D君が3時間経過してるにも関わらずまたもやEXILE
しかもEXILEのマイナー曲です。
こんなんされたら全員に
「またEXILEかよ、しらねーしツマンネー」
って思われます。
この時の歌い終わった後の空気がポイント。
まず皆「ツマンネー」なので共感ポイントは0
否定こそしないけれど肯定もしません。
この空気を読めるかどうかだと思います。
「あっ・・皆つまんなそーだなあ、固まってるし」
と思えれば良し。
「あーすっきりしたーやっぱEXILEいいわー」
なんて思ったら自己中かも知れませんね。
お互い良く知ってる高校memなら俺は別に
ふーん、程度です。
中盤でそろそろ持ち歌なくなったら
マイナーどころでもいいです。
本人楽しめてれば。
流石に3時間同じアーティストは嫌ですけど。
これは誰しもそう思うと思う。
ただし序盤では絶対にやっちゃいけないと思います。
折角皆でメジャー曲歌って盛り上がった後に
マイナーどころ行ってシーン・・・・
なんて皆嫌ですよきっと。
友人のみぞが
「カラオケ行ったら俺以外皆ジャンヌにはまってて」
「皆ジャンヌしか歌わないのに俺だけ別ので」
「開始20分で飽きて、開始40分で退出した」
と言ってました。
みぞはジャンヌの歌に共感できなかったのです。
なぜか?
ジャンヌの歌を知らなかったから、だと思います。
これはジャンヌ集まりに入った
みぞの失敗とも言えますけど
みぞの気持ちを察しなかった
皆にも責任があると思います。
要するにまとめると
カラオケには3種類のカラオケがある。
1、各個人が楽しむカラオケ(練習カラオケ)
(何を歌っても自由、空気関係なしのカラオケ)
2、皆で楽しむカラオケ
(できるだけメジャー曲をチョイス、共感できるように)
3、アピール(戦う)カラオケ
(同窓会系、失敗は許されないのでマイナーはNG)
そして上記の2で失敗しない為には
1、カラオケ序盤は例え友人同士でも
マイナー曲は極力避けるべき。
2、マイナー曲は中盤に歌うべし、但し面子次第。
3、1つのアーティストに偏らないこと。
この3点だと思います。
大体守ってれば後はマイナー曲歌っても
ひかれたり、非難されることは無いです。(友人だし)
上記の3で失敗しないためには
1、絶対にマイナー曲は歌わない。
2、1つのアーティストに偏らないこと。
3、メジャー曲レパートリーが切れたら歌わない
4、ラップ、洋楽、古すぎる曲は歌わない。
男同士の同窓会はパターン2です。
3は女子も居るほんとの同窓会です。
まずマイナー曲は絶対に選びません。
連発すれば必ずひかれる上に盛り下がります。
1つのアーティストだけを歌うのも特殊な場合で無い限り
ひかれたり盛り下がる要因になります。
持ち歌がなくなった場合歌いません。
歌わなければ場の雰囲気は±0です。
マイナーを選べば雰囲気と評価が下がります。
そしてラップ、洋楽、古すぎる曲は
絶対に歌ってはいけません。
まずラップ、これは非常に賛否両論分かれます。
多分女の子受けもあまりしないので
ひかれる要因になります。
洋楽もラップと同様です。マイナー曲と思えばいいです。
そして、古過ぎる曲。
自分が生まれる前の曲とかです。
自分たちが小学生だった頃の曲ならば
「こんなのあったね」と共感が生まれますが
古過ぎる曲の場合、ある程度メジャーでも
流行おくれ等のイメージがつきます。よってNG。
なんでそんなカラオケで苦労しなくちゃ・・・
と思うかもしれませんが・・・
3はそういうもんです。
だから"戦うカラオケ"なんです。
盛り上がれば楽しいことには楽しいけど
戦ってるわけですから辛いです。
正直しょっちゅうは行きたくありません。
まとめといいつつ長くなった。
これはコラムの方に書いとこう・・・。
ようするにですね・・・
空気が読めて立ち回りが上手ければ失敗しない
ってことなんですよ。
ことカラオケに関しては過去に何度か失敗してるので
カラオケの空気だけはある程度分かってるつもりです。
分かってても友人同士だと
マイナー曲歌うんですけどね(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です