バイト

ネットでバイト探すたびに毎度毎度思うんですけど・・・
学生歓迎!大学生OK!
ってあるじゃないですか。
で、その下に・・・
勤務時間9:00-17:00
これは無理だろう。
学生時代の1万円は社会人の10万
皆さんこういう話聞いたことありませんか?
俺は今までに2.3回聞いたことあります。
自分としては流石に10万は大げさかなと。
でも3万くらいの価値はあると思います。
10年後の未来の自分の口座から
3倍返しで1万借りられるとしたら是非借りたいですね。
こういう長期的な金貸しってビジネスになりそうな
気もします。成立はしなさそうだけど・・・。
さて、ここで問題なのが時間か金か。
時間と体力を犠牲にすればバイトで金が稼げます。
そして稼いだ1万は社会人の
*万円の価値に匹敵します。
ここだけを見ればバイトすればいいじゃん!
という考えが浮かびますが
学生時代という時間が代償となります。
時は金なり。
果たして本当に8時間バイトをして得た1万は
学生時代の8時間という価値に匹敵するのでしょうか。
俺にはどうしても時間の方が重い気がします。
ちなみに8時間だと時給1250\です。
くそつまらない仕事して、へこへこ頭下げて、怒られて
ストレスとわずかな賃金貰ってくる。
果たして本当に失った時間と得た金銭は
同じ価値があるんでしょうか。
一概に失った時間と得た金銭だけで
価値は測れませんけどね。
例えば学生時代にバイトをして得た金で
卒業旅行を学友と行ったり。
金がなければ旅行へ行くことは出来ません。
この場合
バイトをして貴重な時間を失った代わりに
賃金と学生時代にしかすることのできない旅行を得た。
ということです。
この点に関して、俺の価値観で言えば
バイトして良かったと思うでしょうね。
金と時間はどちらも大切ですが
両方得ることは難しいです。
いつも考えてて飽きないテーマです。
金と時間についての論文とか読んでみたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です