詰めが甘い

のかもしれません。
テストで満点を目指すと必ずあそこを
やっておけばよかったというパターンで95点。
最も大半は投げ出して赤点ギリですけど。
漢検も@5点で取得できなかった時があった。
他にも色々・・・
つくづく詰めが甘い。
そして今回もそうだった。
居酒屋バイトにて。
前回大ミスをしたのは研修最終日。
油断していたのかもしれない。
そして今回大ミスをしたのは
連休前日という今日。
連休といっても偶々木、金、土曜とバイトを
入れなかっただけですが・・・
そんな今日が終われば休めるという日のミス。
前回と同じようなシチュエーションで
お盆が傾いてガッチャン。
神経を左手に集中していたお陰で
滑ったロンググラスはお盆から落ちずにストップ
代わりにミネラルビンが倒れてテーブルにどばー
料理がぐちゃぐちゃ。
お客様の服は幸いにも無事でした。
これはほんと助かった。
同じホールの人にフォローしてもらって
調理場の人にもう一度料理を作り直してもらう。
調理場で恐らくここ1ヶ月4度目の
「お前日本語おかしいよ」を言われる。
もうテンパってるとか関係無しに
俺は日本語ができないのだろう。
ああ、そうだ、きっとそうだ。
国語2だしな・・・。
口は災いの元、ちょっと違うけどその通りだと思った。
だまってりゃ何も起こらない。
今後はできる限り黙っていようと思った。
で、先輩から日本語おかしいよ、言葉の順番ちげえだろ。
謝ってる誠意が伝わらないんだよ・・・といわれる。
調理場の人に謝罪して初めからもう一度料理を
作ってもらう。
今日のミスはこれだけではなく
オーダーミスが1度。
客はメニュー番号26のお造り盛り合わせを頼んだが
俺がハンディのボタン押し間違えて
27のイカの姿造りを入れてしまう。
いつも1点だけ頼まれても必ず確認していたが
今回はしなかったのか見逃してしまったのか
オーダーミス。
結構ショックでした。
いつも確認してる意味ねーじゃん、みたいな。
2つもミスをやらかして本気でこの仕事
向いてないんじゃないかと思った日でした。
オーダーミスは確認さえすればある程度起きないので
今後は一層と注意するとして・・・
お盆を倒さないコツは
調理場の方が怒りながら教えてくれました。
「お前なあ、なんで膝つき接客するか分かってるか?」
「お客様より視線を下げるのもあるけど」
「安定性を持たせることもあるんだよ!」
膝つき接客はオーダー取る時しかやってなかったけど
そういう意味もあったのか・・・。
これは勉強になったけど
他の人、料理出す時はやってないんですよね。
テーブルによっては膝を付くと手が届かなかったり。
どうすんのよこれ(;´-`)
ドリンカーのSさんもコツを教えてくれました。
Sさん曰く「ビクビクしてるからいけないんだよ」
「気持ちの問題」
「落とす落とすと思ってるから落とす」
「自信を持って行けば大丈夫だよ」
確かにソレは一理あるけど・・自信でないなあ。
かといって何回かに分けて行こうとすると
効率が悪い上に一部に怒られる。
お盆ひっくり返した後は必ず
一度に沢山もっていかなくていいよって
言われるんですけどね(笑
やっぱり体使う仕事は無理くさい。
なんて弱音吐いてますけど当分は辞めませんよ。
忍耐は人並みにあるつもりだし
スカイウェイブ買うまでは・・・!
まあいい経験になった一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です