学校に居る夢を見た。
世界最後の日、という状況だったです(確か
誰もいない暗い学校。
外も暗く曇っている。
そんな学校にただ1人残された俺。
しかし廊下の先に光が見える。
そこまで歩いていくと見覚えのある1人の女の子。
微笑んでいるその子にもしかして・・・と名前を尋ねると。
当たっていた・・・。
2年ぶりだね・・・と言う俺。
それから校内を歩き回ってその子ととても楽しい時間をすごした。
そこで夢はおしまい。
起きた時、夢か・・・と落胆。
なぜ夢は夢だと気づけないんだろうか。
そしてなぜ今更になって夢に出てきたんだろう・・・
もう一度眠りたかった。
また夢の世界の学校に戻りたかった。
しかしリアルの学校に行かなくてはならない。
逃げちゃだめだと思った。
いつまでもROに逃げてちゃだめだよな・・・
で、学校行って帰ってきて昼寝。
夜はコナンのスペシャル見てました。
その中で
死んだ人を忘れることはない
その人のことを忘れないで居れば
その人はいつまでもあなたの中で生き続ける、て感じの言葉。
俺の夢に出てきた子は死んだわけじゃないけど
今はもう会えない。
けど忘れないでもいいかっと思えました。
まぁ今日も毎度のように訳の分からない日記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です