管理者の立場もわかるけど・・・ムカッ★

今日は棚卸し。
スーパー、デパートは月末恒例ですね、たぶん。
棚卸しってのはようは商品管理で
主に商品個数を数えます。
で、今日はバイト。
流石に棚卸しだけあってバイト、パートが大勢でした。
そして棚卸しが始まる前に店長が挨拶。
色々伝達事項があり、そして問題の話へ・・。
「年末の仕事のシフトですが、これじゃ回りません」
ああ、やっぱり皆休みたいもんなあ。
「で、特にバイト!もっと出て」
・・・
「パートの主婦の方々は忙しいんです」
え、そうなの?
「31日は大掃除しなくちゃならないし」
俺もそうですが。
「炊事、洗濯もあるし」
勉強は無いですけど?
「お客様が来たらおもてなししなきゃいけないし」
まあ、それはあるけど、普通年明けじゃね?
「実家にも帰らないといけないし」
だからそれはバイトも同じじゃないの
「とにかく、今が稼ぎ時だと思って
年末はバイトの人ががんばって」
「もう今の時代、自分の働きたい時だけなんていう
都合のいい話は無いです」
「そんな勝手は許されないんです。」
「店の都合に合わせてください」
・・・
やっぱりこの店長付いていけない。
確かに自分の都合だけで働くことは無理ですよ。
そこはごもっともだと思いますよ。
俺はきつく強制させられるなら辞めるだけですが。
そこはまあ良いとしてもですよ、
パートとバイトの扱いになぜここまで差があるのか。
バイトだったら忙しくないんでしょうか。
冷静に考えて本当に主婦は忙しいんでしょうか?
とにかく付いていけないです。
悪い人ではないんですけど。
さて、自分のシフトはというと
散々言われたにも関わらず年末は休みまくりです。
やったね!
遊んでる余裕は一応ありますが
年末、年始も休まず研究、勉強に励みます。
がんばるぞー!
仕様書の話。
今までは仕様書はWordで作ってました。
ところがβ版レビューの際にだめだしされた点は
・パッケージの話まで割り込んでる
・使い方の書き方が悪い
が主な点。
その2点、つまりプログラム使用法とパッケージを
仕様書から取っ払うと残りは純粋なAPI仕様書に。
あ・・・あれれ?Javadocと同じだよ?
というわけでどうやら自分はすごい無駄な作業を
していたようです・・・・。
先生になんと言われるかは分かりませんが
今後のAPI仕様書はJavadocにして
プログラム使用法、使用例、パッケージは
別のファイルにしようと思います。
果たしてなんと言われるやら。
一番怖いのはJavadocって印刷した場合
果たして見やすいのでしょうか?
今度実験してみます。
ちなみにjavadocは非常に便利な機能なので
javaプログラマの人はぜひ知っておこう!
ちなみに俺はJava覚えてから1年後に知りました(笑
なんとアクセサのpublicと(default)の違いは
つい最近知りました!(爆なんという体たらく!もっと勉強しようねかびちゃん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です