クレーム

当日記はフィクションであり、実在する人物、団体とは一切関係ありません。
奇跡体験しましたよ!
バイトへ行って普通に仕事。
所が急に店長から呼び出される。
何の仕事かな?
店長「さっきX君から電話があったんだけど
知ってる子?」
ああ、あの子ね。
ここでバイトでもするのかな?
店長「なんだか君の接客態度が問題で
さっきその子からクレームがあったんだ」
え?
ちょっと待ってくださいよ。
その子と会ったのは2ヶ月くらい前ですよ?
しかも普通に久しぶりー元気ー?的な話しをして
普通に会計済ませて終わりでしたよ。
それが今日?なんのこっちゃ・・・。
俺「それって今日の話ですか?」
店長「うん、そう。何だか他にもあって
この間、店の前で『友達の居ないデブ』と
ボソッと言われたんだとか・・・。」
へ?
ちょ、ちょーっとまって!
まず店の前で君と会ってないんですが・・・。
それと君とバイト先で会った回数は1回だ。
なんですかこの矛盾?
100歩譲って俺の記憶が間違ってたとしよう。
けれど今日は会ってねえぞ!
流石にそこは間違えねえ!
店長「過去に君とX君にどういう経緯があったかは
知らないけど、X君が電話で謝れと言ってるんだ。」
はあ・・・そこまでさせるとはただの嫌がらせか?
普通クレーム出したとして店のTOPに謝罪させたら
気が済むものじゃないの?
店長「それで君に電話番号を知られたくないから
私がかけて君に電話を渡すから」
俺「へ?w」
店長「おかしいよねえ、何なのこの子?」
俺「いやーよくわからんです・・・・」
クレームの謝罪ほしいけど
電話番号は知られたくない?
もうわけが分からんですよ。
で、電話掛けてもらう。
いきなり本人確認のために年齢と出身中学を
聞かれる。
いや。そこはXですけど私の同級生でしたよね。
でいいじゃん・・。
年齢と出身中学だけじゃ足りないようで
最後の学年の時の担任の先生まで聞かれた。
これがおかしくて、
さらに担任を思い出せない自分もおかしくて
思わず苦笑。
「あー、いえー担任は覚えてないです・・・」
「・・・じゃあ、貴方○○高校出身ですよね」
「はいそうです」
高校まで覚えてるのは鳥肌が立った・・・。
本人確認を終えると本題のクレームに。
接客態度が悪いとか"不気味な事を言われた"とか。
待て待てー不気味なのはどっちだー?
で、具体的に何をされたのかは言わない。
流石にされても居ない事を言うのは躊躇ったのかな。
「忠告しますけど、
あなたこのままではクビ飛びますよ?」
「ご忠告ありがとうございます・・・」
「それでは今後気をつけるように・・・」
「あ、はい・・・以後気をつけます・・・」
・・・・
ガチャ!!!!
ちょwお前、家電かよー!!!!あのさあ、そりゃ知られたくないなって分かったよ?
でも逆に家の電話とか昔の連絡網で分かるんじゃ・・。
いやもう何と言うか色々バカすぎて疲れた。
俺の予想ではX君は精神病を患ってるね。
ただの妄想癖かもしれんが。
何にせよ迷惑。
別に一度も遊んだ事はないし友達とも
思ってなかったが、
いわれのないイチャモンつけられると
ムカっとしますし悲しいです。
一番きたのが店員という立場。
これが俺個人に対する意見なら
もっと発言もできるのに・・・。
いやー何とも言えない経験でした。
また一歩大人になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です