ポジティブ

諦めちゃだめだろ俺・・・。
先生も言ってたけど
自信もないし実力もないは一番ダメだ。
まさにカスだね。
それならせめて実力はないけど自信はあった方が
断然良いに決まってる。
謙虚になるのは実力がついてからでいい。
だから最後まで諦めちゃいかん・・・。
むしろ電通まで突っ走るべき。
さてここで持ち前の
"寝たら全てリセット"を生かして
超ポジティブに不合格判定通知について考えてみる。
なぜ他者も似たようなレベル(推論)でありながらも
俺は落とされたのか。
それはずばり俺だと大丈夫と思われたに違いない!
教授A「彼は・・・まずまずでしたね」
教授B「合格させてもいい」
教授C「そうですねえ、やる気はあるみたいですし」
教授D「しかし彼は筆記でも通りそうな感じでしたね」
教授A「そうですねえ、逆にZ君なんかは心配です」
「それではあおかび君は筆記で入ってもらって
Z君は口述で救済してあげましょうか」
「そうしましょう」
ぜってーコレ!間違いないね!
そもそも口述は救済処置だったんだよ!
ハハハ、自信付ける為には無理やりな妄想も必要さ。
超ポジティブは言い換えると楽天的って事ですからね。
油断しないで、でも気合入れていこう。
やってやるぞー!!!
ところでλ計算ってなんですか?俺ほんとに大丈夫かな。。。
コミケの話。
今日からですね。
同人ゲームだけはプログラマーとして
凄く気になるんですけど
まあ見たところでソースあるわけじゃないし
プログラムというより、ゲームとしてのギミックしか
学べないと思うので余り行く意味が無い。
友人がサークルやってて売り子手伝い
とかの方がありえそうだけど。
でも友人はあんま本気で取り組んでないし
取り組んでたとしても他の人間に頼むでしょう。
コミケといえばコスプレ会場は面白かったですね。
果たして次自分が参加するのは何年後でしょうか。
半年後か、一生無いかのどっちかかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です