地球シミュレーター

っていうのが神奈川にあるんですが
今日はその見学に行ってきました。
感想。
がっかり。
まず地球シミュレーターってのは簡単に言うと
スパコンを並列に繋いだ
要するに物凄い処理能力を持った環境です。
どんくらいの処理能力かというと単純に35T FLOPS
FLOPSは性能指標の1つです。
それが35テラと言われてもさっぱり。
なので普段私たちが使用している機器で言うと
PS2 6.2G
PS3 2T
Xbox360 1T
Wii 21G
らしいですよ。
まあ凄いみたいです。
俺としてはあれだけの金かけてまで
価値があるのかどうかががっかりでしたが・・・。
さすが施設だけあって色々とちゃんとしてました。
で、今回の俺のメイン。
CAVEも見てきたんですけど・・・
これまたがっかり。
バーチャルリアリティ(VR)装置といっても
所詮は錯覚を利用したようなもんで
メガネかけて映像に差つけてるだけだし
スクリーンのつなぎ目にある物とか完全に
再現できてなかったし
根本的に3Dじゃない辺りががっかり。
いや装置、研究としては対したもんだと思いますし
俺には作れませんけど
原理が気に入りませんでした。
そりゃ完璧なVRがあれば
どんなにいいことか・・・。
それこそ人工知能並に凄いですよ。
でもですよ
中途半端なVRなんてかえって使いにくいし
分かりにくいし駄目ですよ。
物体、シミュレーションをVRで動かして
理解しやすくするとか
結局は人が見てることには変わらないんだから
PCのモニタで普通に見りゃいいじゃん、みたいな。
PCのビューアーで使うカメラを動かせばいいだけ。
みたいな・・・。
いや、研究にしても勉強にしても何にしても
最初は1から。
その過程だけでゴミと判断することは愚かな事ですが
それでもなーんかがっかりでした。
多分俺の様な凡人には理解できない物なんでしょう。
ほとんどスパコン(一部HDD等)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です