研究室仮配属

今日は研究室の第一回ゼミでした。
というわけで5限へ向けて出発。
昼過ぎると下り線も混んでくるからやーね。
足の痛みはほとんどなくなって難なく学校へ到着。
で、早速ゼミ室へ。
中村、高木を抜いて、当然ながら皆見た事ある顔ばかり。
感想としては、特におかしい奴もいないし
馬鹿騒ぎしそうなやつも居なく
皆普通でよかったです。
1つ意外だったのが女の子が居た事。
学年約150人中2人しかいないうちの
1人が来ました。
てっきり2人同じところにするかと思ってましたけど。
やはり流石に研究室選びに友人というファクターは
重要視されないようですね。
俺は1割ほどありましたが・・・。
で、いざゼミが始まってまずは先生の説明。
アンケート取って結局ゼミは毎週金曜にすることに。
その後も色々な説明が。
研究室は9名しか入れず残りの2名は
第二研究室とか・・・。
1時間ほど話したところで休憩を挟んで自己紹介。
名前は覚えてないけど大体は
1、趣味はボーリングとか
2、某ネトゲ廃人公言、ゲーム好き
3、女子2人でさびしい、いつでも話かけて下さい
4、院か就職で迷ってる
5、魚屋でバイト、魚下ろせる
6、ゲーム、映画、遊び好き
7、プログラミング興味あり
8中村、中〜大までの経歴、趣味連呼
9、俺
10高木、無難な紹介、ドライブ趣味
11、バイク好き
って感じの紹介でした。
2の子にはぜひオンラインゲーを辞めるべきだと
言いたい・・・。
5の子は魚下ろせるとかすご過ぎだろ・・・!
俺の紹介が一番時間食った気がします。
とりあえず近寄りがたいイメージを拭う事だけに専念し
ちょっと奇抜に自己紹介してました。
クレペリン検査の結果から客観的に見た自分の性格
「明るい、気分にムラのない、慎重な性格」
「ステータスは温和が一番高い」
を述べ、両隣に座っている2人とは仲がよく
いつも一緒に居て近寄りがたいだろうが
気にしないようにということと、
最後に院志望という事を述べて終了。
客観的に見ると
こいつ検査結果使うのかよwwwwwwwwプギャー
って感じだろうけど
ある程度は正確なデータだということ。
ある程度くだけた自己紹介。
というポイントを押さえられていると思います。
また近寄りがたい要因の1つについて予め説明し
さらに、最後に院志望ということを話す。
最後に話す事はインパクトが大きいです(確か)
われながら完璧な自己紹介(笑
さて、このメンバーですけど
1学科上位5%(8名)の優秀者が3名も居ます。
3位の子と4位の子と7位の子。
さらに自己紹介7番の子は
なんかの資格試験の最優秀者だったし
人気研究室で倍率あるので他のメンバーも
結構出来る子揃いなんでしょう。
回りについていけるかちょっと不安です・・・。
この後の親睦会幹事決めで
中村の推薦により俺が幹事に。
誰も幹事やりたがらなかったし
俺は言われればやる程度だったんで
特に苦には思ってません。
4年生が仕切ってくれるみたいだし。
ゼミ終了の後は研究室見たりして解散。
皆と仲良くできるといいな。
この日は何も勉強せずに帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です