ディズニーランド

10月8日AM1:00頃
唐突にwinampを付けてNet-TV起動
そういえばお願いティーチャーがやっていた事を思い出してつけてみる。
丁度1話らしくて見てみると
お願いティーチャーなのになぜかSF系・・・
えええ、学園物じゃないのか・・・?
と、気になって見て1話終了。
続いて2話・・・と見ていくとすっかりハマってる自分が。
3時ごろまで5話.6話と見て
ここで1つの天秤が出てくる。
片方の皿はお願いティーチャー
もう片方は明日(今日)の卒業遠足の為の睡眠
わずかにおねてぃの方が重かったみたいです・・・
そのまま朝6時まで見続けて最終回、良かったです。
あー良かった良かった。
と思っていたらまた何か1話始まる。
とりあえずAM1:00の時の1話の見逃した途中まで見ようと思い
そのまま続けてみていると何やら設定が12話のままだし
そこでRO内のみーあさんに聞いてみると
DVDBOXは13話の特典がついてるとか。
えええええ、まだあるのー!?
で、6時半まで伸ばされましたzzz
今からだと絶対起きれないと思いそのまま
ROやったり風呂入ったりして8時まで暇をつぶす。
ブラックコーヒーもさっきから飲んでたし
眠気は何とかなくなりました。
で、準備して9時前に駅到着。
まっちゃん、なべ、みぞと共にランドのある舞浜まで。
ここでだんだん雨が酷くなる。
家を出たときは全然小雨だったんだけど
なめて傘持ってこなかったのは失敗だったなーと。
で、出席とって先生からチケット貰って残りのメンバーを待つ。
いっぺー、もんちゃん、平野が同時に。
きょーちゃん、かっちゃんは休み。
前ぶー、たつーみ、たちばなとかは別のところで行動とからしい。
で、一応全員揃ったところでまずは
スペースマウンテンのファストパスを取る。
次はいよいよメインのスプラッシュマウンテンへ行く。
ところが・・・
係員「まことに申し訳ありませんがスプラッシュマウンテンは現在
システムメンテナンスの為運行を中止しています。」とか
は・・・・?
なにこれ・・・・
皆で一気にテンションダウン。
しかしまぁ直る事を祈って先にビッグサンダーマウンテンへ行くことに。
1時間待ちだったかな?
とりあえず並ぶ。
並んでるとほっくんから電話が。
今到着したらしい、でこっち来るとか。
あと少しで乗れるって所でほっくんと藤井が俺らのところまで来ました。
よく列割り込んでこれたなw
で、9人揃ったところで乗り込む。
ジェットコースターなんて何年ぶりか分からない
そしてこのアトラクションは初めて。
皆に怖いよ怖いよーとか吹き込まれながらいよいよスタート。
落ちるところとかもうカナリ叫んでました。
暗闇に突っ込んだりするところはもうかなり恐怖でした。
で、最後の所は思いっきり落ちてヶッが浮いたのには凄くびびった。
終わった頃には精神、肉体共にかなり弱ってたけど感想は
怖くて楽しい、でした。
俺があまりにもギャーギャー言ってたから平野とかもう爆笑。
こいつら・・・
でも後ろに乗ってた俺らと同世代の奴らとかが騒いでて
うるさかったけどホント盛り上がってよかった。
で、次はスペースマウンテンへ。
ファストパスでさっと通って15分ほどで乗ることに。
乗った瞬間・・・
後ろに居た平野に腕を掴まれて
強制バンザイ状態。
やめろおおおおおと言ってる間に出発。
今度のは速いよーとか言われててかなりびびってました。
案の定速くてギャーーとか言ってました。
後ろからは平野の笑い声。
終わったあとはさっきよりも疲労感が・・・
そして笑ってやがる平野、悪魔だ・・・
一方なべおは楽しかったー!とか
こいつは理解できねぇ・・・・_no
終わったあとまたファストパスを取って今度は飯・・・だったかな。
ピザ食ってました。
その後スペースにもう一度、ビッグサンダーとかも結構乗ったかな。
ジェットコースター怖いとか言ってたもんちゃんは
案外普通でした。
いっぺーはカナリ体調悪そうでジェットコースターも1.2回しか乗ってませんでした。
ほっくんはツマンネとか言ってこいつも放棄。
おまいら何しに来たんだ・・・
ある程度楽しんでビッグサンダー行くかーと思って移動してるとき
スプラッシュが開いてた!
いまだと言わんばかりに乗り込む7人。
15分ほど待っていよいよこの時が・・・
まずは真顔無しで普通に乗るぞーとかいってもう
皆はしゃぎまくり。
俺ももう他ので大分恐怖感も無くなり
余裕!とか言いまくり。
で、俺らの番が回ってきて8人乗りの所を7人乗りなので
なぜか俺が先頭に1人で乗らされる。
マジカよ・・・
後ろは平野ともんちゃん。
また後ろから悪魔のささやきが聞こえます。
最後の大きな坂が来る前にも少し下り道があったりして
びびらせてくれたり。
俺は小心者なので坂が来るたびに「きた、これ!?」
とか聞きまくってました。
そして並んでるときに藤井が決めたポーズを構える。
坂を落ちるときに写真を取られるので
右腕を上げてマッスルポーズ。
で、周りの人形が「笑いの世界へようこそ・・・・」
とか言って進行方向に一筋の光が・・・・
いよいよだよ・・・・ガクガク
で、頂上まで登ったときに見えたその光景。
絶景というか高所恐怖症の俺には地獄でした。
そして落ちるちょっと前に「おまいらいくぞー!!!」とかもうノリノリ。
で、落ちる。
初めは余裕あったけど落ちていくに連れて凄い恐怖。
そして大口開けてウワアアアアアアとか言ってました。
水がめちゃくちゃかかってみんな笑ってました。
で、終わって撮られた写真を見てみると
皆爆笑。
俺が大口開けて目を見開いて右腕上げてんの。
で、みんなは割りと余裕顔。
コレ見てなべおが大爆笑しながら「これ買う」とか言って注文。
俺も初めて乗ったし記念に買うことに。
で、買った後よく見てみると・・・・?
皆手上げてることには上げてるけど
全員俺と違うポーズとってやがる
皆ほとんどマッスルポーズの前に決めてたピースやってるし。
なべおとか超カメラ目線だし、もうなにこいつら!
でも楽しかったです、今までで一番怖かったけど!
終わったあとファストパスをとってビッグサンダーへ。
4時くらいかな?
いっぺーとほっくんは先生の点呼取った時点でもう帰宅。
お疲れ様。
何時にやったか覚えてないけど地味に盛り上がったのが
ティーカップ
なべおがまわすぞー!
とか言っててここで結成された回し組。
俺とまっちゃんを加えた3人。
やるぞーと意気込んで並んでいるとオーストラリアンっぽい
外人さん計9人がティーカップに乗っている。
女性4人と男性3,2人で3つカップを使っていたが
ここで注目したのは女性4人。
この人ら全員ノースリーブやる気満々じゃねぇか!
で、見てたところ滅茶苦茶速かったです。
よっしゃ負けねぇぞ!と3人で意気込んで次の回で俺らも乗り込む。
そして時計回りにひたすらまわす。
しょっぱなから速い速い。
速いのなんのって景色なんてもう見えたもんじゃねぇ。
ここでなべおが頭後ろに倒して天井見ろとか言ってやってみると
頭がもげそうでした。
皆笑いまくり。
かなりたのしかったです。
別のカップに乗ってたみぞはカナリ酔ってました。
そんな感じでティーカップも楽しめました。
4時以降は10分待ち?程度のビッグサンダーずっとやってました。
確かスプラッシュの後からかな。
次のスプラッシュの真顔練習の為に
俺「もんちゃん、真顔でビッグサンダーな!」
とか言って真顔でもんちゃんが乗ってくれることに。
もんちゃん、平野が先頭で
いざ始まるともんちゃんコール。
そして落ちるところでクルっと振り返るもんちゃん。
真顔だー!!!!
皆めっちゃ笑ってました。
特に俺は最後まで笑い続けました。
やってるもんちゃん自信はそんなに面白くなかったらしいけど・・・・。
で、5時ごろになり薄暗くなってきたので
最後にスプラッシュで閉めるか!!という事に。
で、行ってみるとメンテナンス中。
おいおいおいおいおい・・・
ここでテンションダウン。
完全燃焼できなかった・・・
最後にティーカップ乗るかと提案。
そしてさっきの面子に+藤井を加えた超回し組結成。
俺らの番を待つ。
周囲を見て・・・
俺「なべお・・・・・どこもぬるいな(まわし方が)」
なべお「だなw」
自信に満ち溢れている俺。
そしていよいよ番が回ってくる。
まずはなべおと藤井二人で回す。
15秒ほどたったところで
俺「よし、任せろ!反対周りだ!」
勢い良く回るハンドルを必死に押さえて反対へ全力でまわす。
しかしなかなか止まらない・・・
まつ「もうだめだ、このままでいい」
しかし俺は諦めねぇ!
この日一番の力で反対側へ回しきった!
一旦止まったティーカップは再び回りだす・・・反対側へ。
叫びながら回しきった。
途中カメラを持つまっちゃんに撮れ撮れ!と言ったが
遠心力と笑いで撮れてなかった模様。
それでも一枚撮ってたけど絶対ぶれてるよな。。。w
そして長かった1分が終わり、外へ出る俺達。
かなりフラフラでした。
よくがんばった、俺ら。
多分この日最速だっただろう。
そして帰るかどうかの話になる。
俺は帰ろうと思っていたが
なべおは帰るのもいいけどスペースに乗りたいと。
藤井は帰るかどうか迷っていた。
俺も迷っていたが流石にこんなに雨にぬれてヤバいので帰るという。
すると、平野、もんちゃんから冷たい視線が・・・くそぅ
結局そのままスペースに乗る。
流石に3回目ともなると慣れててどうもイマイチでした。
そして6時かな?
結局全員のこることに。
カリブの海賊行ったりして暇つぶして
ビッグサンダーへ。
かなり雨が強くなってきていて係員の人が申し訳なさそうに
♂係員「ビッグサンダーマウンテンは・・・濡れます。」
俺ら「大丈夫でーす!」
♂係員「ありがとうございます!いってらっしゃいませ!」
なにこの係員。
なにこの爽やかさ。
この係員のニーチャンかなり接客態度良かったなーと思いました。
で、濡れながら夜のビッグサンダー。
もう楽しくてしょうがない。
平野とか喜びまくり。
もちろん他の奴も盛り上がりまくり。
ここらで腹が減ったのでみぞおすすめの店で腹ごしらえ。
(唐突に)ホーンテッドマンションとかも行ったかな、午前だったけど。
で、腹が膨れた所でビッグサンダーへ。
なべは彼女と一緒に帰るそうな。
全くこれだから・・・
そして残された面子6人で叫びながらビッグサンダーへ向かう。
5分待ち。
ここで誰かがこういう。
「よっしゃー!あと10回乗るぞー!」
俺「マジかよ!!!」
10回も乗れねぇ!!!
だけどやるしかねぇ!!と思っていると確かみぞか藤井が
「10回だけでいいのか!?」
「俺らの年の数だけのるぞ!」
「あと18回だ!」とか言い出す。
ここらでもうテンションあがりまくり。
ばっちこい!!!
で、ひたすら乗りまくる。
コースターの係員とか結構呆れてる。
それでも俺らは乗りまくる。
ひたすら叫ぶ。
ここらで藤井が発狂。
こいつはもう止められない!
最後の客が通る通路の近くをコースターが通る時に
「ありがとう!!」とか叫んだり
もうみんなで怖くなくても叫びまくり。
「うおーーーー」
3回目あたりで藤井がこういう
藤井「じゃあ、俺が3.2.1でカウントしたら」
「ハッスル、ハッスルね!」(ポーズをとりながら)
で、コース中盤の一番高いところから落ちる場所で
藤井「3.2.1!!!」
一同「ハッスルハッスル!!!!」
一同「うおおおおおおおおおおおお」
大爆笑!!
俺もめっちゃテンション上がりまくりで最後のあたりで
「ありがとう!!皆愛してるよ!!!」とか叫びまくったり。
そしてまた次の回。
超テンションで藤井がハッスルを決め
最後の客が並んでコースターが止まるほんとの最後のところで
俺「おまいらー!いくぞー!!」
俺「3」
俺「2」
誰か「ここでかよ!」
誰か「やめろって!!!」
俺「1!!」
一同「ハッスルハッスル!!!!!」
客も見てくれてるぜー!!ギャハハ!!!
そしてまた次の回。
みぞが先頭とかわってくれたので
初めの所の坂道で
後ろの友と他の乗客に向かって
俺「おまえらーーー!!!いくぞーーー!!!」
一同「うおおおおお」とかやったり
中盤の登り道で
俺「藤井頼むぜ!!!」
藤井「おう!3.2.1!!」
一同「ハッスルハッスル!!!」
そして最後のところで後ろの全員に向かって
俺「おまえらー!いくぞー!!」
俺「3!」
俺「2!」
俺「1!」
友人一同「ハッスルハッスル!!!!」
後ろの乗客の女性達「ハッスルハッスル!!!」
一同「はははははははは」
笑いまくり。
そして俺らは後ろの子たちが乗ってきてくれた事に驚きつつ大爆笑。
ああ、この子たち最高だわ。
ここでリアルでナンパできる能力が欲しかったわ・・・w
そして外へ出ると平野の彼女が待っていて二人で傘入ってたり。
流石に疲れてまっちゃんは「もういいよ」と言ってるけど
他の奴らは止まらない!!
藤井「おまいら行く!?行っちゃう!?行っちゃう!?」
一同「行くかァ!!!!」
そして乗り込む。
もうほとんど並んでいない。
平野は彼女と一緒に後ろのほうに乗りやがる。
そして取り残された俺達は前の方へ。
もんちゃんが残念がってました。
しかし平野の解放から解き放たれたもんちゃんが一気にはじける!!
俺に向かって「頼んだぜ!!!」
とか言い出す。
俺「よっしゃ、もんちゃん任せろ!!!俺についてこいよ!!!!」
そして走り出す。
しょっぱなの落ちるところまでは勿論コレ、平野コール!
俺ら5人「ひ・ら・の!ひ・ら・の!ひ・ら・の!ひ・ら・の!」
そして坂から落ちる。
5人「うおおおおおおお!!!」
5人「うおおおおおおお!!!」
5人「うおおおおおおお!!!」
5人「うおおおおおおお!!!」
そしてまた坂道を登り始めると。
5人「ひ・ら・の!ひ・ら・の!ひ・ら・の!ひ・ら・の!」
5人「うおおおおおおお!!!」
中盤の坂道も勿論平野コール。
そして頂上が近くなると
俺「藤井頼むぜ!!!」
藤井「おうよ、任せろ!!」
藤井「3.2.1!!」
一同「ハッスルハッスル!!」
そして最後の通路付近でみんなで誰もいない所へ向かって
5人「ありがとう!!!ありがとう!!!皆愛してるよ!!!」
そして乗り換えるところに到着する瞬間後ろに向かって。
俺「おまえらー!!決めるぞー!!!」
俺「3.2.1!!!!!」
5人「ハッスルハッスル!!」
「はははははははははははは」
今回は流石に乗ってきてくれる人たちは居ませんでした。
さらに喉がイテェ。。。
そして外へ出てちょっと皆を止めて「これからどうする?」と聞こうとすると
花火が。
広いところへ行って皆でただ見上げる。
無言。
横一列に並ぶ勇者5人。
俺、もんちゃん、藤井、みぞ、まっちゃん
俺達は成し遂げたんだ。
よくやった!
よくやった!!!
花火も終わり完全燃焼した俺達は帰る事に。
平野はこの後デートへ。
帰りにちょっとトイレへ行くと・・・
ねずみが真横を横切っていきました・・・。
流石ねずみーランドです。
皆でおみあげを買い電車に乗り込んで感想を言い合う。
最後の乗ってきてくれた女の子良かったねーって言うのが皆同じ感想でした。
あそこから新たな出会い→彼女ゲットで
彼氏居ない俺ら2軍が一気にメジャーになれるかもしれなかったのに
とかもんちゃんが言ってました。
全く平野、なべおはやってくれるぜ。
でもホント帰らないでよかった。
最後のアレは一生の思い出だよ。
絶対忘れない。
そしてこんな事2度と経験できないんだろうなー。
ほんと良かった。
新木場で藤井、もんちゃんと別れる。
藤井、ありがとうよ。
お前のハッスル*2が無かったらあそこまで盛り上がらなかった。
2人に別れを告げて残った俺達は別の線へ。
途中でみぞとも別れて俺らはバスへ。
ヘトヘトになって帰って風呂。飯。就寝という感じでバタンキュー。
いやーほんと良かった、良かった。
皆、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です