自分の長所(第三者目線)

とあるIT企業のCTOが友人で少し一緒に働く機会があった。そこで自分の長所を教えてもらったので忘れずにメモしておく。

  • 技術力がある
  • 仕事が早い
  • 技術・仕事のキャッチアップが早い
  • 真面目
  • 積極性がある(次の仕事を求めて行ったりとかで)
  • 改善提案などもしてくれる
  • 報告・連絡・相談がしっかりしている

一緒に仕事した期間が短いので欠点は挙げてもらえなかった。まだ見当たらないとのこと。

なるほどと思った。自分が長所だと思っていなかったところもある。1つずつ自分なりに考察や振り返りをしてみる。

技術力がある

(上には上がいるが・・・)大学時代からずっとIT一筋だったし、人並み以上に努力や研鑽してきた甲斐があった。

これは素直に嬉しい。これからは自信を持って行こう。

仕事が早い・キャッチアップが早い

そもそもプログラミング言語は1つ覚えれば2つ目以降は学習コストがかなり下がる。言語によっても手続き型だの関数型だのいろいろあって、種類が同じほどコストは下がる。で、Rubyを新しくやってるわけだけど、やはり他の言語の経験が生きてる。同時にRailsもやっているけど、これはPlay2の経験が生きている気がする。

そういう点もあるし、仕事中は結構真面目にやっているし、何より今は技術への興味が普段より増してきたというのもあって早いのだと思う。

あとは社会人1年目からは速さを考えて仕事してきたというのもある。

これも素直に褒められて嬉しかった。今後も油断せずに、でも根を詰めすぎずやっていきたい。

真面目

これは特に触れることなし。そういう正確です。よくもあるし悪くもあると思う

積極性がある

怖いもの知らずっていう表現の方があってる気がするけど。昔から何でも言ってきた。そのせいで反発することもあったけど。

何にせよ話したり議論したりしないと進まないし、積極的である方が仕事でもプライベートでも何にせよ有利な気がする。これは今後も意識していきたい。

改善提案

やはりそれなりに社会人経験や仕入れてきた知識もあるので、ちょいちょい改善点は浮かんだりする。それは持ち前の積極性をもってどんどん言っていくようにしている。これもこのまま意識して続けていきたい。

報告・連絡・相談

なんで褒められたんだろうか。まあある程度気にしてはいるところだけど。聞くところによると意外とエンジニアでできてない人は多いらしい。

多分だけど1社目での経験が生きているのかもしれない。お堅い大手だけあって、研修やその後の配属で繰り返し指導されたし、相談とかが甘くて指摘されたこともあったような気がする。

報告・連絡しないとまず状況や考えが必要な人に行かなくてそこでトラブルが起きるし、一人で抱え込んでてもそれで誰かが不利益を被るんだよな。

俺は割と吃ったり、声小さかったり、面白い話できないしで、そういう意味ではコミュ症だけど、ほうれん草という点ではコミュ症ではないと思うので、社会人やる分には今の調子を維持していけば良いのかもしれない。(面白い話もとても大事なので必要だけど…面白い話するスキル欲しい)

総括

技術屋としても社会人としても評価していただけているようなので、今の調子で頑張っていこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です