2度目の北海道スキー(ルスツ)

ルスツに行ってきました・・・!

期間は2/18-2/20

2泊3日です。

面子は大学の研究室仲間。

羽田に集合して手続き。チケットげっと!

ラウンジに進んで待機です。

この後、飛行機に1時間半ほど乗った後、バスへ乗車。

友人の一人がNEWラブプラスを初めてニヤニヤし始める。

一緒に見てた自分もニヤニヤ。

途中休憩時間で飯を食いつつ、ルスツリゾートへ。

到着!なぜかみんな反ってる。

チェックインやレンタル、着替えなどを済ませて、いざゲレンデへ!

良い景色です。そしてコースが広い!

これだけ横に広いと思いっきりロングターンできるし、人にぶつかる心配も少ないので最高です。

雪質も2月なだけあって最高でした。

さらさらで雪玉が全くできない!

3山あるんですが、連絡ゴンドラが夕方に終わってしまうので、

初日は1つ隣の山を滑って、すぐにホテル前の山に戻ってきて夕方という感じでした。

18時くらいに夕飯!オクトーバーフェストというところ。

ひたすら蟹食ってました。蟹パーティ、略して蟹パ!

あといくら丼も沢山食べました。

品数多いのは良いですけど、刺身が無いのが残念です。

小食組以外は食いすぎましたよね!ますますナイターに行く気がなくなってる人がいたり。

それでも必死の説得でナイター!

唯一の女子のK以外は全員参加でした。

ナイターでも余裕の粉雪!

3月のニセコはリフト乗り場付近がバーンでしたけど、2月のルスツはバーンなしでした。

19:00-21:00まで滑って初日終了。

コンビニが徒歩5分くらいというのも恵まれてました。

買い出し終了後は風呂。

大きさはほどほどで露天無し。風呂は普通レベルでした。

風呂あがった後は酒盛りじゃー!

婚約間近(右)に言い寄る友人(左) えろい。

ぐだぐだ。今日は疲れましたね。

2日目!天気は相変わらず曇りですが、時々晴れて良かったです。

2日目はひたすらイゾラ滑ってました。

イゾラ最高です。特にスティームボートA, Bのコースが広いし長いしパウダーだしで言うことなしでした。

リフトで一枚。

高速3人組。 滑るの早くて大体先で待ってます。

この日はほんとに朝から夕方までずっとイゾラを滑って

一部の上級者コース以外は全て滑ることが出来ました。楽しかった!

初めて上級者コース滑れた気がします。

上達したおかげもありますが、転んでも大して痛くないという安心感が大きい。

帰りは連絡ゴンドラの時間に焦りながら皆で急いで戻りました。ほんとヒヤヒヤしました・・・。

そのせいで後頭部打ってしまた。

2日目夜は適当に夕飯食べてまたナイター!

相当鍛えられました。

スピード出してショートターンで滑っていけるようになりました。

最後の最後に後頭部打ったのが痛かった・・・。調子乗りすぎました。

宿に戻って本日2回目の風呂。

疲れたので酒盛りはなしです。

友人の結婚話などを聞きつつ・・・

ラブプラス!

2日目の夜はほんとひどかった。

22時~01時くらいまでずっとラブプラスでした。

4人で寄り添ってやっていく・・・みたいな。

頑張って一人攻略しようぜ!と意気込んだはいいもののなかなかクリアまで行かない・・。

俺「これ何時間くらいでクリアできるの?」

友人A「100日がリミットなんだけど、最短50日くらいでクリアだよ」

ところがどっこい、55日になっても全然クリアできる気がしません!」

メインでやってた友人Bもそろそろ泣き言を言いだす。

友人B「きちぃよー、これ苦行だよー。。。」

友人B「この女(愛花)焦らしすぎ。思わせぶりなこと言い掛けて辞めるパターンが多すぎる!」

俺も友人Aも半分くらい寝てたし、限界だ・・・ということで流石に寝ることにしました。

まともにやってたのは友人BとCだけだった。スマン。

ちなみに消灯後は皆速攻寝てました。5分くらい?

3日目はリタイヤ続出でした。

友人BもCもホテルでお休み。唯一の女性Aもお休み。

ラブプラスは彼らに任せて残されたメンバーはゲレンデへ。

イーストは2コースしかないので、今日もイゾラを滑りまくりでした。

1時半くらいまで滑ってホテルへ帰還。

3日間お疲れ様でした。

最後まで滑り続けた4人。

フル出場はこの4人と最後の最後で一足先に帰った2人でした。

14時半に帰りのバス乗車。

16:00-18:00でおみやげ買ったり夕飯食べたり。

今年もまた買ってしまった。

萌えプリン。

今年は自分で食べよう!と皆でそろって買いました。

これは酷い。

友人Bは青い方の子(青羽凛々)が好みらしいです。

俺と友人Aは赤い方の子(華山雪)が好みです。

周りの目を一切気にせずプリンを食べる男たち。

中にはカードが入ってるんですね。

20時頃に空港到着。

荷物を回収して最後に記念撮影です。

お疲れ様でした!

今年の北海道旅行も最高でした。

また来年行きましょう!

残業代を付けるか付けないか

自分が勤めている会社は某企業の子会社です。

親会社から来る仕事が非常に多いので、しわ寄せが来ます。

ブラック企業とまでは行きませんが残業代が出ないことはよくあります。

自分の考えとしては

「残業したならば会社はそれ相応の対価を支払う義務があり、労働者には請求する権利がある」

です。払えないなら残業させないべき。

なのでサビ残は断固拒否しますし、認めさせません。する気も無いです。

同じ会社でも部が変われば大分変わるもので、以下のような話を聞きました。

同期A「部のほとんどの人が残業代つけてないんだよ・・・だから付けられなくて。もう大分たつし今更つけられないよ。」

同期B「同期Aと同じ部だけど、 きっちり付けてるよ。残業したんだし、支払うのが同然。」

同期C「俺は7時までしか付けてない。同じチームの関連会社から来てる一番できる人が月50時間しかつけてないんだよね。なのに俺だけフルで付けるとか申し訳ないし、自分が許せなくて」

同期D「俺もつけないことあるよ。だって同じこと他の人がやったら絶対時間内に終わるもん。俺が未熟なのが悪いからさ」

同期E「オレもDと同じだなー。」

自分の部は全員ちゃんと残業代付けてるし、付けられる雰囲気があります。なので、付けてない人が多い部は良く分かりませんが。

同期Bのように周りの空気に負けない意志が必要だと思います。

そして同期C,D,Eのような考え方は良くないと思います。

残業代は単純に規定の労働時間を越えた労働に対して支払われる対価であるので、 能力は全く別問題だと思います。

同期Dのような、俺はXさんよりできないから残業代つける分は抑えようはおかしいと思います。

同期Cの、Xさんが○○時間までしか付けてないから俺も○○時間まで、というのもおかしい。

○○時間までしか付けないのはXさんの勝手だと思います。残業代を貰う権利を行使していないだけでしょう。

その一番できるXさんが「オレ、ボーナスいらねーっす!社畜っす!」って言ったら自分もボーナス断るんでしょうか・・・。

権利を行使するかどうかは他人は関係ないと思います。なので、残業したなら他がどうであろうと、きっちり付けるべきだと思います。

相変わらず論理展開が下手なのが悔しいですが・・・とにかくみなさん、残業代は上がどう言おうと、周りがどう言おうとつけるべきだと思います。

よくある労基法を扱ってるサイトで言ってる「付けないことで労働環境がどんどん悪くなる。悪循環。」は、自分は正しいと思います。

みなさん、残業代付けましょう・・・。そしていざと言うとき「だったら辞めます」と言っても問題ないように力を付けましょう。

また少し別の話です。

自分が勤めている会社では各部の業績が出ます。

正直言って黒字の部署3割、赤字の部署7割という所です。

全体で言うと、その黒3割が赤7割をカバーして何とか±0というところ。

問題はその赤の部署です。

自分の所属している部署は赤です。ですが残業代はちゃんと付けてます。

赤で、自分の所属している部署よりもはるかに悪い業績で、残業代がほとんど出ていない所があります。

もし、そういう所に配属されていたら・・・と思うと恐怖です。

残業付けても上司によって削除される、というのを何度か聞いたことがあります。ごく一部からですけど。

やはり油断はできないです。何でも言えるように力だけはつけなければ・・・。

同人ゲームプロジェクト

今まで、ゲーム作りたいなー→やってみよう→できた、後は時間との勝負だからいいや・・・ということが何度かあり

まともに自作ゲームを作ったことが無かったんですが、

ついに年貢の納め時が来てしまったようです。

友人二人と3人チームを作って、ノベルゲーを作成することになりました。

第一回の打ち合わせも終了して、夏コミで出す方向に。

俺としては、夏コミで出しても100個も売れないし、

知名度も無いから、まずはフリーゲームとして出して多くの人にプレイして貰う、宣伝する、方が良いと思ってたんですが

メンバーの一人の強い希望によりコミケに出すことに。

そいつの言い分は「金を取る」という状況を作らないと締切意識しないし、切羽詰まらないから頓挫する。

そして「金を取る物を作る」ということで実績になる。ということでした。

確かに同意できるところもあるけど、

会社じゃないんだからそもそも責任がほとんど皆無な訳で、だからコミケ頒布目標で締切意識するという効果はあまり無いのではないかなーと。

そして実績は、ある程度の成果が無いと意味がないんじゃないかなーと。

だから「コミケで金を取るもの」を作って「100人に売った」ということよりも

フリーゲームとして「公開」して「世間の評価を得る」事の方を目指した方がいいのでは・・・と思ったりします。

でも自分は単にゲームプログラミングがしたいので、とりあえずは現状の方向性で行こうと思います。

まずはノベルゲーのエンジン作成です。どんなゲームでもテキストボックスが出てきて、メッセージが流れますよね。

だから、最初の一歩としては適切な開発対象なのでは無いかなと。

今後は以下のような予定。

作業
2 インタフェース設計
詳細設計
3 休み(別件)
4 コーディング
5 単体・結合テスト
6 リリースビルド
総合テスト(α・βテストプレイ)
7 マスターアップ
8 バグ修正パッチ作成?

正直かなり厳しいです。

外部ファイルからスクリプトを読み込んで、テキストを流したりコマンド実行したりとか

そういう、基本はできるので大丈夫ですが、エフェクトがどこまで実装できるか分かりません・・・。

あそこらへんの世界は数学も大いに絡んでくるので厳しいです。

そしてリリースビルド~が全く未知の領域で厳しい気がします。

インストーラ作るのはいいけど、XNA Frameworkはどう配布するのか。インストーラにくっつけるだけでいいのか・・・。

ソフトウェア配布後はどうやってソフトウェアを更新するべきなのか・・・。

考えることはまだまだ多いです。

色々楽しいですが、道は険しそうです。

 

METAタグのRefreshによる更新がF5の後に無効になる現象

問題

IEでMETAタグのRefresh指定があるページを開いた後、F5キー等で更新を行うと、それ以降Refreshによる更新が行われなくなってしまう。

解決(結論)

  1. JavaScriptを使う
  2. METAタグの記述を変更する(ブラウザ独自仕様使います)
    旧:content=”10;url=hoge.html”
    新:content=10 url=”hoge.html”

原因

不明です・・・。恐らくはIEの仕様。

事の顛末

METAタグによってRefreshしていたんですが、F5を押すと更新が止まってしまう現象にぶち当たりました。

ひたすら調べると同じ件で悩んでいる人を発見。

http://stackoverflow.com/questions/5636539/ie-doesnt-evaluate-meta-refresh-anymore-after-pressing-f5

英語全然読めませんが、アドバイザーの人はミススペルを指摘しています。

以下が問題の更新が止まってしまうHTMLドキュメント。

[html]
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>
<html>
<head>
<meta http-equiv=”refresh” content=”5; URL=./test.html”>
</head>
<body>
<h1>Hello World</h1>
</body>
</html>
[/html]

以下がアドバイザーの指摘。

[html]
<meta http-equiv=”refresh” content=”5;” URL=”./test.html”>
[/html]

なるほど、確かに記述を変えると正しく更新処理が動き続けます。

Q1.「え?じゃあMETAタグの構文が間違ってるんじゃね?Webで蔓延してるcontent以下を全部クオートで囲むサンプルは間違いだったんじゃないのか?」

A1.「構文は正しい。」

HTML 4.01 Transitionalではurlなんて属性はありませんでした。

じゃあそのアドバイザーが指摘したURL=””は何なんだ・・・と思ったら、どうやらブラウザの独自仕様らしいです。

IE

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ie/cc392138.aspx

FireFox9.0でも正しく動くことを確認しました。

という訳で、JavaScriptか、このURL属性を使用すれば解決します。

原因まで調べたかったのですが、それはコスト高いし難しそうだったので断念しました。

そもそもW3CはMETAによるRefreshを推奨していないようで、W3Cのサイトにrefreshを指定して飛びましょう、というサンプルはありません。

また、HTML1.0にはもともとrefreshで飛べるという仕様はなく、Netscapeの独自仕様だったようです。

上記は軽く調べただけなので定かではありません。

しかし、なぜurl属性だと上手く行ってcontent内でurl指定するとダメなんでしょうか・・・。

そしてなぜIEはW3CのHTML仕様に逆らってurl属性という独自仕様を入れたのか・・・。

どなたかこの謎に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください・・・!

 

スノボで靭帯損傷、その後

リフト降り場で変な転び方をして、あらぬ方向に膝を捻ってから3週間半。

もう大分、膝も治りました。

医者が全治3週間と言った通りでした。

しかしまだ、完全に元通りでは無いので完治ではないと思います。

素人の予想ですけど、完治5週間と言ったところでしょうか。

折角なので怪我の経過を書いてみます。

左足の内側の側副靭帯です。ちなみに靭帯が伸びることは無い(つまり切れる)そうです。

ショックだから患者には伸びると言うそうな。

経過 程度
0時間 痛くて立てない。

骨折程ではないので涙は出ないし、一応立てる・・・が痛くて顔がゆがむ。

1時間 痛いことには痛いが激痛ではないので何とか滑れる。
3時間 だんだん痛みが増してくる。
5時間 運動をやめて、完全に休息状態になったため、痛みに気が行ってしまう。痛くて立ちたくない。

酒盛りは普通にできる。

1日 痛い。滑りたいけど、若干痛みの方が勝る。
1.5日 診察。湿布と包帯で相当楽になる。鎮痛消炎剤の効果もそうだが、包帯がでかい。
2日 3時間~1日よりはかなりマシだが、痛い。足を引きずらないと歩けない。

足を延ばしたり曲げたりするとかなり痛い。それ以外はまあまあ。寝起きがなぜか痛い。

3日 歩くと痛いけど、まあマシ。足を引きずりながらだけど、会社にも行ける。ただし椅子に座って足を曲げると痛い。

無理に足を伸ばそうとすると足が反対側に曲がってしまいそうな感覚になる。筋肉落ちてる?

5日 湿布と包帯から解放。痛みもほとんどない。ただし、足がきちんと伸ばせない・曲げられない。
10日 普通に歩けるし早歩きも可能。リハビリを開始。ベッドの上で徐々に曲げたり伸ばしたり。
14日 反対の足と同じだけ伸ばせるようになる。曲げる方はまだ痛い。
21日 曲げる方も大分いけるように。ただし、しゃがんで5秒くらいで痛くなってくる。相変わらず膝に捻りを加えると痛い。

こんな感じでした。

多分、内側側副靭帯を痛めた場合、2週間はスノボできないです。

気を付けましょう。