グチと飲み会

昨日受けた会社は当然のごとく落ちた。
推薦なのでもしかしたらと思ってたけど、
やはり世の中そんなに甘くなかった。
というわけで愚痴る。
なんせ今までで最悪の面接でしたからね。
まず挨拶して入室。
ここまではいい。
席についてしょっぱな選考状況の質問。
え、いきなり訊く?
あまり話したくはないが正直に説明。
「あれ、あおかびさんは全部筆記の結果待ち?」
「就職活動開始が遅かったの?」
「はい、そうです」
そして問題はここから。
「あおかびさんの就職活動の軸ってなんですか?」
「これらの会社に共通点ってあるんですか」
「はい、それは(ry」
なぜか面接官、苦笑。
「うーん、私たちの考える似たような会社というか
商売敵はですね」
「N○Cソフトさんですとか、日○ソフトさん、C○Cさん
新○鉄ソリューションズさんだとか・・・」
「これらがそうだと思うんですが」
いや、それほとんど落ちたからココに来た訳で・・・
なんかもう他の選考具合で人物評価する気満々。
自分の目で直接見ろと・・・。
面接はもうこの瞬間で終わっていた。
明らかに面接官のやる気が感じられませんでした。
ちなみに当然のごとく次の質問も終わってた。
「どのような業種のソリューションに興味あります?」
「流通業、製造業です」
「どのような点からそう感じるの?」
「はい、他の業種と比べて最も身近に感じられるため、
また(中略)」
「例えばAmazonさんですとか、楽天さんですとか」
「ああ〜(笑)なるほどー、そっちですかー」
「私たちが考えている流通とは違いますね(笑)」
はあ?
話は遮らずに最後まで聞くもんじゃねーの?
え、なにWebショッピングと勘違いしちゃった系ですか?
その裏の管理システムについての話をするつもりが、
完全に勘違いされて不完全燃焼。
お前のトコ、在庫管理だとか販売管理の
パッケージ持ってるし、そのソリューションやってるだろが。
ネタ的にはビンゴだと思ったのに見事に撃沈。
しかもWebショッピングにしても
全くやっていないわけではなく
eCommerceのソリューションあるし。
もう完全に向こうの選考する気が感じられない。
趣味の話も
「君、〜〜が趣味なんだって?めずらしいね(プッ」
糸冬
そして極めつけは
「では最後に自己PRと質問をどうぞ」
俺が喋りだしたとたん面接官の一人がペンを置き
あろうことか
腕を組んで目を閉じた・・・!
もうメモることありませんしね^^
そして面接は30分の所、20分で終了・・と。
いやー今まで最悪の面接でした。
今思うと落ちてよかったのかもしれない。
品格を疑うわ。
というわけで何ともいえない状況で推薦落ち。
厳しい世の中です。
あおかびの就職活動はまだまだ続きます。

もうだめぽ

今日は推薦で応募した所の面接。
だめだめでした。
どうだめかって
面接30分のところ20分で終わっちゃいましたよ。
前の人が10分オーバーしてたってのも
あると思いますけど、
でもその程度の理由で面接時間短縮しませんよね。
3時間アニメで癒されてから
また就活しよう。

足りないところとか

今日は推薦書発行してもらうために
就職担当の先生に面談してもらいました。
流石に事情通?なのかためになりました。
友人にも面接練習してもらったけど
どうやら俺に足りないものは
・プレゼンテーション能力
・人間性を裏付ける面接時のトークスキル
だと気づくことが出来た。
企業は一緒に働いて問題ないか
一緒に働きたいかを見てるわけで
それだけを考えるとしたら
俺のいまいちまとめられてない、
かつ下手なトークは相当減点だな、と。
企業は
「自分の言葉で良いんです」
「どもったりかんでも問題ないです」
とか言ってるけど、正直これはかなり嘘くせえ。
多少は問題ないだろうけど、でもやっぱり
プレゼン能力と論理的に話せる能力、
後話していて楽しいかとか、見てる気がする。
とにかく次の面接はもっと視点を変えていこう。
がんばってきたこととか、技術経験とかは
もう十分なのかもしれん。
筆記試験の話。
午後からはある企業の筆記試験。
国語が出なくて良かったですけど
でも完璧に解けたわけじゃないからなんとも。。。
6割ってところでしょうか。
この問題集、かなり面白くて
一番最後にフローチャートと論理回路が出てきやがった。
明らかに情報系有利ですわな。
まあこれは情報系は100点で当たり前っていう
採点のされかたするんだろうけど
情報系以外を考えると・・・
公平な評価無理じゃね?
こんなんが適性試験でいいのだろうか・・・。
ちなみにフローチャートと論理回路は大学1年レベルです。
うーん、なんだかなあ。
アニメの話。
きまぐれオレンジロード見終わりました。
幼少期に再放送で見たシーンも
しっかり出てきました!感動!
記憶とは大分違ってましたけど。
ヒロインの声優が鶴ひろみさん。
そう、ブルマと同じ人です。
丁度今DBが放送してますから
毎回頭にブルマが浮かんできて・・・うわあああああ
特にヒステリックな声出すシーンは
まんまブルマでうぼぁーって感じでした。
さて次は何を見ようかしら。

流石Dr

今日はゼミで修論のテーマ発表。
自分はリファクタリングに関する研究案を発表。
今日はこの話。
テーマの概要はこんな感じ。
リファクタリングって適切な実行がムズイ。
有名なファウラーでさえ実行タイミングは
コードの匂いという曖昧な表現しかしてない。
と言うわけで適切な実行はムズイ。
熟練者の指導がいる。
これを解決する策の1つが以下。
apacheとかのオープンソース開発から
リファクタリングの指標を得ようというもの。
実行指標があれば未熟でも適切な実行ができるかも。
例えばメソッド抽出はコードが何行のときにやれがいいか、
これとかリポジトリの差分見れば
実行のタイミングは分かるはず。というもの。
これには問題があって
apacheとかの開発が必ずしも良い開発とは限らない
ことがある。
これに関して先生は
少なくともapacheは成功している開発なので
余り気にする必要は無いとのこと。
今日の本題はこれからで
ゼミが終わりしばらくした後で
違う研究室のドクターのM先輩が俺の
リファクタリングの指標に関する研究のスライドを
ちょろっと見て言ったことが驚きでした。
「apacheとかの開発が必ずしも良いとは限らんよね」
ちょっと見ただけなのにすげえ!分かってる!
そしてこの問題に対してのアドバイスが
「apacheとかのサーバ周りはチューニングするので
リファクタリングと逆のことが起きてるかも」
「なので、指標を得ることは難しいかもしれない」
とのこと。
すげえええええ!
やはりドクターだけある。
理解も早いし察するのも早いけど
知識量とか着眼点も違うわー。
俺ももっと精進しないとな。
そして大学にはやはり来るもんだと思った。
今日はESとか全然進んでないけど
例によって友人に添削してもらったし
面接練習もしてもらった。
特に大きな欠点が無いってのが
喜ぶべきか悲しむべきか。
とにかく次はもっと楽しく面接しようと思った。

XML-RPC

今日はちょい技術系の話です。
意味不明だったらすみません。
事の発端はWordPress
blog嫌いのあおかびですが、
こいつはなかなか気に入りました。
カスタマイズできる度合いが高いと思います。
さらにPHPなので
自鯖に入れてる限り、いじり放題。
自分はPHPの知識足りないし、
ライセンス的にどうなのかは知りませんけど。
さて、なかなかよさげなWordPressちゃんですが
HTMLと比較して気に入らない点が1つ。
それは編集ツールが自由でないこと。
そりゃFTPでやり取りする訳じゃないし
当然っちゃ当然。
しかし探せばきっと
blog用の編集ツールはあるはず。
よく探してないけどそれっぽいのはあるみたい。
その多分あるblog用編集ツール、
いったいどういう仕組みになっているのか・・・。
調べたらちゃんと出てきて関心。
流石に想定済みなんですね。
方法は間違ってるかもだけど以下のような感じ。
1.WordPressにはAPIが用意されている
2.APIはXML-RPCのAPI
3.XMLでblog記事記述してAPI経由
4.完了
こんな感じで外部プログラムから
blogに投稿できるらしい。
ココとか参考になった。
http://www.na.rim.or.jp/~tsupo/program/blogTool/mt_xmlRpc.html
こいつは面白そう。
そのうち試してみようと思います。