バイト

今日は3コマが無い、ということで皆でバーミヤンへ。
中村がバイト初めての給料が入ったという事で
奢ってくれました。
ごちそうさまです!!
食った後は微積出席して帰りました。
そしてすぐバイトへ。
今日はお世話になったT先輩最後の日でした。
3年間働いたこのローソンとも今日でお別れです。
いつもどおり6時半に出勤して店長に
後輩と別のシフトになれるか聞いてみたところ。
店長「無理だなぁー、K(その後輩)のどこが嫌なのよ」
とかまた始まりました・・・
まぁそんな事は置いといて
最終日でも先輩は普通でした。
まぁ確かにバイトしに来てる訳だからいつもと同じなわけですが。
いつもより気合はいってました。
いらっしゃいませとかカナリ。
そんな中俺も調子を合わせるが
後輩の奴は全然声出さないし終わってる。
無事10時までやり遂げてついに先輩のバイト生活が終わる。
お疲れ様です。
O先輩もT先輩のラストに駆けつけてくれました。
仲間っていいなぁ。
夜勤のY.O先輩からは10時と丁度に長文のお疲れ様メールが。
ほんとT先輩は皆から好かれてます。
そんな中何もいわずに後輩Kが帰ろうとする。
T「Kさん、これからがんばってね」
K「はいっ」
T「N(新人)君のことよろしくね!」
K「はい」
T「いままでありがとうね、後は頼んだよ」
K「はい」
そして手を振る俺ら3人。
・・・・あれ?
「はい」ってなんだよクソヤロウ
俺「Kさん・・・今までありがとうございましたとか言いませんでしたね」
T「あははは、いわなかったなー」
O「あそこは一言欲しかったなー」
なんなのあいつ・・・マジクソだろ。。
バックルームに戻った3人はそれから色々なことを話してました。
思い出話とか最近の事とか。
バイトはこれで最後だけど俺たち3人の絆が
これはまだ最後じゃない、と言っていたので
3人ともあまり悲しくはありませんでした。
1時間話していよいよ店を出るときが来る・・・。
バックルームを出て先輩が振り返る。
なんだ?と思ったら
T「ありがとうございました」
先輩・・・
カウンターへ行き
T「(夜勤二人に向かって)おつかれさまでしたー!!」
夜勤の二人も接客中でもこっちを向いて最後の挨拶を交わす。
「お疲れ様でした!!」
ドアを開け振り返るT先輩。
「ありがとうございました!!!」
先輩の最後のバイトは
店長に熱く背中を押されて
副店長も休みにかかわらず店にやってきて
常連のお客さんからも熱い言葉をかけられて
本当にT先輩は幸せ者です。
わがローソンの古株にして
夕勤の看板的存在でもあったT先輩。
今までありがとうございました!!!
こうしてT先輩の長かったローソンのバイトは終わりを告げた。
O先輩は先に原付で帰宅。
俺とT先輩は自転車で帰りました。
いつも「マッハ!」が売りの先輩の自転車も今日だけは少しだけ遅かったです。
俺「先輩、いままでありがとうございました。」
T「おう、これからもがんばれよ」
T「お前は先輩なんだから」
T「Kなんてガツンと言ってやれ」
T「お前が辞める必要は無い」
T「これからはお前の時代よ」
先輩の残した言葉は俺の胸に焼きつき
つい数時間前に店長に言った辞めたいという言葉
思いを消し去った。
T先輩・・・
最後の信号を渡り分かれ道へ。
1時間前に先輩のアドレスを教えてもらった時の初メールが
「ひたすら走れ」だった
少し先輩の言いたい事が分かった気がする。
T「じゃあね、がんばれよー」
T「ひたすら走れ!!」
俺「はい!」
俺「ありがとうございました」
俺「ありがとうございました!!」
2度目は1度目よりも大きく。
そして自転車を降りて深く頭を下げた。
きっと先輩に伝わったはずだ。
感謝の気持ちが。
バイト入った時からいろいろな事を教えてもらった。
一番お世話になった人かもしれない。
いつも優しく接客はとても紳士的とはいえない感じだったけれど
お客さんから愛される先輩のあの姿はとても輝いていた。
これからは介護系の仕事に就くらしい。
資格も取って研修も終わった先輩にとってその門は
既にあと一歩なのだった。
俺もがんばります、だから先輩も
がんばってください!
今までありがとうございました!

大学

起きたら9時15分とかで2限目余裕で遅刻。
1時間の遅刻。
その後は飯食って水畑は家路へ。
俺ら3人は数学基礎の授業に。
この先生もカナリ狂っていて先々週のこと・・・。
うるさい生徒が居たので前の席に来るように言うが生徒は
「もう話しませんから・・・」
それでもいつまでも「前に、きてください」と言い続ける。
ちなみに女の先生。
そしてだんだん他の生徒も巻き込んでヒートアップしだす。
しぶしぶ生徒は席を移動し授業が再開されるが・・・
答え合わせの場面で他の生徒が解答の間違えを指摘する。
「先生・・・そこ違いますよ」
先生「私いま、激情してるんで・・・」
・・・・・ん?w
なんか日本語間違ってね?w
大笑いじゃないけど皆笑い出す。
先生「だから、こうして間違ってるところ見直しませんから」
先生「みんながちゃんと問題解いてるか分かるんですよねー」
おいおい、自分のミスを正当化すんなよ。。
これには各所からブーイング。(といっても囁き程度)
とにかくほんと変な先生なんです。
そして今日の授業でもまた・・・
今回は前回注意されて懲りたのか
中村、高木の二人は最前列へ行き、しかも席離れるという
かなり偉い事をする。
俺はというといつもの後ろらへんで古川と授業を受ける。
すべて順調にいっていた。
俺が余弦定理で悩んでいる所に中村が来る。
「P185の問題わからないんだけど、わかる?」
俺も一緒に考える事に。
これただの移行じゃねー?みたいに話し合ってると奴が来た・・・
先生「あの、座ってください」
この先生何を言うにしても半笑いしながら喋るしワケワカラン。
中村がいかにもダリィって顔をしながら俺の隣に座る。
まぁ確かに1人立ってたら教室の統率が乱れるしな。
普通の事だ、と思っていたら・・・
自分の席に座れとか前に戻れとか
ついには座り方までねちねち言い始めた。
おいおい・・・
中村も別に悪い事してるわけでは無いので
「いや、教えてもらいにきてるんですけど」
それでも断固拒否の先生。
俺も一言。。。
「別にいいじゃないですか」
先生「よくないです、なんなら貴方が前に来ますか?」
意味がわかりません、先生。
移動する事がダメなんですか?立つ事がダメなんですか?
友達と問題といちゃダメなんですか?そう後ろでもないのに最前列じゃないとダメなんですか?
もう、UZAすぎでした。
嫌になってきた。。。
次の授業は休講なので中村アパートの下の住人、なかじーの家へ遊びに行く。
途中、中村のバイトでラーメン買って戻ると中村が一言。
「水畑が飲み会やろうってさー」
急すぎだろ!
いつもの俺なら断ってたかもしれんが
ここは一肌、水畑の為に脱ぐ事に。
なかじーの家でゲームして暇をつぶし5限目へ。
宮木はちゃんと来てました。
水畑はさぼりで中村、俺、宮木、とその彼女の4人で固まって講義へ。
今日はDNAとかそういう系らしいので用語集のプリントが配られる。
俺「ゲノムってなんだ・・・」
中村「なんか、サムスとか、アンドロイドっぽい」
まぁ確かにさっきスマデラとかやってたからそう言うのは分かるけどさ・・・
俺「それはベノムな(笑」
中村「ああ、それだ!」
宮木「今の突っ込みナイスだったね」
宮木「やはりお前は必要だよー」
ちょっと言われて嬉しかった。
突っ込み役って俺だけなような気がした今日この頃。
90分聞き終わった後は買い出し行って高木と水畑招集。
さっそく飲み会開始しました。
今日も言い具合に壊れました。
でも吐かない。
翌日の昼までまったりしてました。
何があったかはよく覚えてないけど
海行って高木が水畑の原付で水平乗りとかいうものをして
おもいっきりコケたとか。
とにかく色々と面白かったです。

秋葉原

昼の秋葉は久しぶりです。
内藤と待ち合わせして秋葉散策。
CPUファン探しのたびです。
めっちゃ探したけどあんまりいい物なかったです。
しかたなくサイズの少しでかいファルコンクワイエットという物を購入。
その後は内藤の友達のM君と合流。
友達の友達って関係は今まで何度も経験してきました。
まぁ誰でもだがよくあるパターンは同じ学校で友達の友達。
よく、では無いかもしれないけど他には
友達の中学校の頃の友達
どこで会うかとかで色々変わってくるもんだけど
今までそういう場面にあって大抵は乗り越えてこれた。
普通に楽しかった時がほとんどだが
その場合向こう側が心を開いている場合に限る。
しかし今回のMはだめだった。
完全に内藤と二人の世界、そして話しかけても
言葉が右から左に抜けていく感じ。
非常に気まずい空気の中色んなトコいきました。
正直あんまおもろくない1日だったけど 付き合ってくれた内藤に感謝!
朝10時に出て帰ったら5時でした・・・。
ほんとお疲れ様。

バイト

久々に土曜でました。
飲み会があるので変わって欲しいという事でした。
飲み会できれば参加したいもの。
というわけでホントは休みのほうが重要だったけど出てました。

飲み会

今日は待ちに待った飲み会でした。
2限目からもう皆盛り上がりまくりでサボろうぜ的なムード。
しかし何とか説得して5限目までよく耐えた・・・。
今回の面子はいつもの5人。
中村宅で開催です。
会費を一人1000\として俺、内藤、高木で買出し。
水畑は一度家に帰り中村は家の片付け。
残念ながら宮木はバイトで来れないとの事。
まぁまた近いうちやるだろうしそのときに。
5人全員そろう頃にはもう7時近くなってました。
さっそく乾杯と共に騒ぎ出す。
ドラえもんを見ながら・・・(笑
1本目から酔ってA型の俺と水畑が暴走気味。
正直俺もかなりいい気分だった事くらいしか覚えてない。
騒ぎに騒いで楽しかったです。
こんなに笑ったのは久々かもしれん。
10時半になってそろそろ終電やべーと思い内藤と帰ることに。
しかし皆がいきなり
「海行こうぜ!」
まじかよ!
乗り気じゃない内藤を説得して海へ急ぐ。
夜の海はちょっと不気味でした。ってかまともに歩けNEEEE
到着してまず皆とりあえず叫ぶ。
まるで失恋した男達でした。
その後海辺まで行き水畑がいきなり・・・・
全裸になりやがった!!!
やべえよ、このテンション。
いつもの超スマイルで海へ走り出し泳ごうとしてるし・・・。
いくら酔っててもいい気分でも理性ぶっ飛ばすまでは行ってないので
ここで高木と俺でやめろ連呼。
流石にあの状態で海入られたら死にます。。。
みんな靴はいてるし押し寄せる波に躊躇。
しかしそんな事で躊躇ってたらホントにしなれるかもしれないので
思いっきり突っ込んで腕掴んでサルベージ。
靴が砂だらけになったけどホント死ななくてよかったぜ。
満足したようで戻る事に。
結果的に高木も少し濡れたみたいでした。
そして準終電の東海道に乗り帰還。
おつかれさまでした。
帰りの電車はホントしんどかったです。
でもそれより最後の大井町から家までの自転車が壮絶に疲れた・・・・。
次はテスト終わった辺りかな。たのしみにしときます。