大晦日飲み会

今日はいよいよ飲み会です。
計画立てて皆と連絡取るの結構疲れました。
ヤフーの天気予報を見てみると
雪のち雨。
夕方降水確率80%
夜30%
深夜10%
いけそうだけど。。。
昼の2時ごろ外を見ると・・・・吹雪。
なんすかこの、大晦日に雪とか言うハメプレイ・・・
ついてねぇ・・・
それでも続行。
この後なんとかやんで夜8時集合に。
5時ごろに急遽まっちゃんからやめとくとメールが。
まぁこんな天気だし仕方ないな・・・・
俺は別に厚着すれば平気だと思うんだが。
靴下2枚、インナー3枚にアウターはベンチコート。
マフラーも装備して完璧。
風は通さないぜ。
で、駅で集合して
なべ、みぞと共に六郷土手へ向かう。
もんちゃんは遅れてくるらしいので先に3人でガストへ行き飯を食う。
20分ほど遅れてもんちゃんが到着。
皆で話しながら俺が持ってきた携帯テレビで偶に紅白とか見てました。
携帯テレビとかヲタっぽいけどこれでカウントダウンするわけだし仕方ない。
このままガストで過ごし10時になって皆集合。
俺、なべ、みぞ、もんちゃん、きょーちゃん、いっぺー、たつーみの7人。
酒買ったりして移動している間に時間が無くなる。
残り30分の所でもんちゃんとなべがコンビニにおでんを買いに。
時間がNEEEEEEEって言いながら急いで蕎麦を食う。
そして残り5分の所で帰ってくる。
そして皆で酒を持ってカウントダウン!
30!29!
ぽつぽつ・・・・冷たい・・・
おいおいおいおい、ここまで来て雨かよー!!!
最悪じゃねぇかー!
とか言いつつも盛り上がる。
5!4!3!2!1!
一同「あけましておめでとー!」
一同「乾杯ー!」
しかし雨と寒さで乾杯どころではなかった。
一部はテンションダウン、一部はアップ。
傘差しながら知り合いにあけおめ電話しました。
雨は15分くらいでやんだけど俺だけ45分くらい傘さしっぱだった・・・w
酒飲んで体が冷えた・・・。
年明けてある程度したらみんな神社に行こうと言い出す。
しかし
みぞ、もんちゃん、なべはグロッキー状態。
とくにあとの2人がヤバイ。
ファミマのおでん食ったせいかも・・・・?w
ここで二手に分かれて後で合流することに。
俺は3人と一緒にバーミヤンで温まる。
みぞ

死んでます・・・
なべ

死んでます。。。
やばいよやばいよー。
もんちゃんは吐きまくりでした・・。
2時に追い出されてまた神社組みと合流。
ここでもんちゃん、みぞ、なべは帰ることに。
いつもなら終電12時くらいだけどまだやっててよかったね。
お疲れ様です。
いやー今回はホント俺の判断ミスだった。
次からは天候と気温のマズイ日は居酒屋にしよう。
まっちゃんはホントいい判断だったな・・・。
平野も参加して近くの公園へ。
かっちゃんも来て盛り上がる。
しかし寒い。
足が冷え切ったりかなり限界が・・・
6時半頃まで粘って解散になる。
たつーみは風邪引いてました。
すまねぇ・・・
平野もやばかったけど
いっぺー、きょーちゃん、かっちゃんが不死身でした。
おまいら凄すぎるよ。。。
次やる時は居酒屋にしようと言ってきました。
楽しかったけど辛かった飲み会でした。
みんなほんとにお疲れ様でした。

冬コミ

今日は国際展示場でコミックマーケットが開催される日です。
脱ヲタの前に最後に1回だけどんなものか見てみたくて
友人についていくことになりました。
シュバ「いいけど、ちょっと買い物手伝ってもらうことになるよ?」
俺「(あー、皆で分担して買うのか。効率向上の為に。)」
俺「(気合入ってんな。。。)」
俺「おっけおっけ、手伝うよ」
で、行くことになって朝の5時集合。
友人の家の下に集まって2人とボンバーヘッドの友人を1人加えて
いつものマニア3人組で大井町へ。
そこでシュバの前住んでた場所の中学の時の友達Kを加える。
普通の人でした。
4人になったところでりんかい線乗り場へ。
だんだんテンションが上がってきた頃
駅の改札前まで着くと異様に人が多い。
まだ朝日も昇ってねぇぞ・・・・
ボンバーに聞くと皆行くところは同じらしい。
え、これ皆冬コミ目当てなんすか?
周りを見ると俺ヲタですオーラを出しまくってる奴らがかなり居る。
すげぇぞおい・・・
そして電車に乗り込む。
サラリーマンの通勤ラッシュ状態。
そして異様な匂いが漂う。
きついぜ・・・
この電車の中の光景はげんしけんで見たとおりだった。
そのまま10分ほど待つと国際展示場に到着。
ドアが開くと同時に物凄い人の流れ。
そして物凄いスタートダッシュ。
お前らどんだけコミケすきなんだよzzz
流れに揉まれながらも4人で会場へ向かう。
帰りの切符を先に購入。
確かずっと前、幕張行った時は帰りの行列が凄かった。
これは買っといて正解かもしれん・・・
で、会場何処か探していると500-1000m先の中に浮いてる歩道橋をいろんな色の
物体が流れるように左から右へと移動しているのを見る。
俺「(なんだあれは!!)」
俺「(あれもスタートダッシュって奴かよ(゚д゚))」
俺「(お前らどんだけ・・・どんだけコミケすきなんだよ(;´д`))」
俺「あれ・・・なに?」
そう口にした瞬間だった。
だんだんと流れが遅くなり俺はようやく理解した。
あれ、電車じゃん
めっさ恥ずかしかったわ。
それにしても目悪くなったもんだぜ。
会場に向かいながら話を聞くとどうやら
シュバの高校の友人の兄貴がサークルのメンバーで
そこのサークルのメンバーが店番してる間に俺らが
彼らの分まで買ってくると。
で、報酬は無いらしい。
その代わりスタッフ用のチケットが貰えて一般客の10時入場より3.4時間ほど早くは入れるらしい。
で、そのもう1人と合流。
メンバーは5人になり買い物リストと地図を渡される。
作戦会議が開始され友人のシュバから色々と方法を伝えられる。
俺とシュバは東ブロックの1-3をまわり
シュバの友達2人は4-6をまわる。
ボンバーは西1-6全てをまわるハードスケジュールらしい。
そしてある程度終了し質問タイムに入る。
俺「俺たちの買い物はいつ済ませればいいの?」
シュバ「それはその店がある近く通る人に頼む」
俺の買うものは2つとも西。
ボンバーに詳細を伝え依頼する。
シュバ「最後に注意だけど、始めに渡したリストの買い物が終わってから各自の買い物してね」
えええ、俺らのブツをスケジュールに加えられないんすか・・・
まぁ早めに入れるしいいか。
この件でボンバーとシュバが少しもめてたので
俺「でも、俺たち早く買えるから問題ないっしょ?」
シュバ「入れるのは早いけど買うのは一般と同じ10時からだよ」
なに、この拘束プレイ。
こんなの明らかに不利益じゃんか。
まぁ今更文句は言えないので言われるがままにする。
ボンバーにろでんからの委託品を頼む。あと俺のRBOも。
俺「できるだけ早く買ってね、これオマケついてるからさ。頼んだよ」
ボンバー「ふざけんじゃねぇ、その依頼した奴に自分で買いに来いって」
ボンバー「言っといてくれ」
ボンバー「ぶつぶつぶつ・・・」
俺のストレスゲージもだんだん上昇してまいりました。
流石に何度も言われちゃたまらねぇので顔面ぶん殴る前に忠告
俺「いいか、俺だってオメェに頼みたくて頼んでるわけじゃねぇんだ」
俺「これは仕事だ、ちゃんとやれよ」
なんとか納得してくれたみたいでした。
シュバが言うにはコレはあくまで「お手伝い」だから何か要求するもんじゃない
とか。
確かにそうだが・・・
とりあえず会場に入り集合場所を決め各自散る。
とりあえず下見。
8時半に終了。。。
1時間半壁に寄りかかって待とうとしていたら
スタッフ「通路になっていますのでここで立ち止まるのはご遠慮ください」
この日何度言われたことかわからねぇ。。。。
スタッフ「各自サークルの待機場所があるはずです。」
スタッフ「そこへお戻りください!」
いやいや、知らないから。。。
このようなパターンが何度も続き歩き回って時間を潰しなんとか10時に・・・。
そしていよいよ並びだす。
皆物凄いスタートダッシュでした・・・・
俺も列に並び順々に買っていく。
大手といわれるデカイサークルの最後の1つに並ぶが
全然進みが遅い。
あとで聞いた話によると売り子が1人しか居なくて
他の売り子が自分のサークル放って遊びに行ってるらしい。
なにこれ、萎えるし。。。
何分待たされたか分からない・・・
なんとか買えた時点で携帯の電池が表示残り2/3
やばいよおおおお
普通のサークルを回りだしたときシュバから電話がかかる。
シュバ「もう半分くらい終わった?」
俺「いや、まだ5個目だよ・・・」
シュバ「5個目!?」
シュバ「・・・・ちょっと待ってくれ、今応援呼ぶから」
シュバ「そこでまっててー」
作戦会議のときに言っていた応援が来るらしい。
ああ、皆もう終わってるのか。
と、思いそのまま待つが一向に来ない・・・
この時電池表示が残り1/3だったので電源を切っておくことに。
10分・・・20分・・・
俺からシュバにもう一度電話を掛ける。
俺「まだ来ないんですけど。。。」
シュバ「えー、まだ来てない?」
俺「まだだけど・・・」
シュバ「とにかくもう少しそこで待っててくれ」
再び電源を切る。
30分・・・40分・・・
もう一度かけてみることに。
俺「まだこないんだけど・。・」
俺「もう応援いいわ・・・俺ひとりでやる」
シュバ「待ってくれ・・・もう少しで来るから」
シュバ「さっき電話番号しえたからすぐ来るよ」
俺「わかった・・・・」
電話無いとこれねぇのかよ。。。と思い電源をつけっぱにする。
おいおい、さっきから言ってるけど電源なくなるぞ。。。
非常用にとっとけなくなるってんだ
50分・・・・60分・・・
1時間以上待たされたかもしれない。
その時知らない番号から電話が。
他人「あ、もしもし○○君だね?」
俺「はい、そうですけど」
電話「いまどこにいる?」
俺「西A-70付近ですけど・・・」
電話「じゃあ手の甲を胸に当ててそこで待っててください」
俺「はい、すいませんでしたー」
・・・・手の甲?というかなんでそんな必要があるんだ?
顔見れば分かるだろ・・・さっきの会議で見ただけで記憶できないのかよ。。。
しかも手の甲を胸に当てるとか結構無理あるし・・・普通手のひらだろが・・・
もう訳が分からない。
そんな時目の前に1人のちっこいオッサン(40くらい)が現れる
オッサン「○○君だね?」
俺「はい、そうですけど。。。(誰だこのオッサン、なんで名前を。。。)」
電話の声と同じだったのでようやく理解できた。
この人が応援なんだと。
始めに渡された計画用紙に「早く終わった人は応援にいってください」
と書いてあったのでてっきり朝あった奴らが来るのかと思ってたけど・・・
サークルの人が来るのかよ・・・
これじゃ電話で連絡取らないと無理だってね。
シュバのミスだろ・・・そう伝えろよ。
で、買い物リストをオッサンが見る。
オッサン「じゃ、あとは全部僕がやるから」
オッサン「友人達と合流しててください」
オッサン「じゃあね〜」
オッサンにもなってコミケ・・・・ってのは普通か・・・・(?)
それにしてもその歳でじゃあね〜は無いだろ、おい。。。
正直このオッサンが来るまでに一人で全部買えてたと思う。
完全な統率ミスだな。
携帯を過信しすぎだ。
とりあえず終わったので皆で集合する。
さっきのオッサンも来て確認とか・・・。
そこでシュバがミスって色々怒られてた。
いや、てめぇ自分で買えよって話だよ。
オッサンはこのあとの予定を言う。
金の清算が終わったらシュバ以外は帰っていいよーとか。
いやいや、お前買ってきた俺らに帰っていいよの前に一言あるだろうが・・・・
もしかして早く入れるチケット=手伝いが等価だとでも思ってるのか?
手伝ってんだぞ、こっちは。
普通は「ありがとう」だの「おつかれさま」だの他に言葉があるだろうがよ。。。
シュバの中学の友人のKがリストに書いてあってものが曖昧で
買うかどうかの選択を迷ったが
ちゃんとオッサンの希望通りに買ってきたので
オッサン「このカレンダー欲しかったんだよぉぉぉぉ」
オッサン「これは良い選択です」
こ れ は 良 い 選 択 で す
え、Kに"ありがとう"とは言わないんだ。。
2時ごろに清算も終わりやっと遊びに行けるというところでまた手違いがあった。
オッサン曰く清算は後で済ませればいいから1次集合した時点で
荷物をまとめて遊びに行ってていいんだとか。
オッサンは手に沢山持ったエロ同人誌を見せてこういう。
オッサン「ほら、1時間あればこんなに買えたよ・・・?」
オッサン「早く行っておいでよ」
いや、俺としては単独行動じゃ皆と来た意味が無いし
そんなにエロ同人誌買い漁りたくて来た訳じゃないんですがね。。。
同じにすんじゃね(`д´)
とりあえずボンバーに依頼したブツを受け取る。
助かったぜ、サンキュー。
ろでんに頼まれたサイバーフォーミュラーの方は残念ながら
オマケ貰い損ねたらしいけど、ろでん本人曰く全然オッケーらしい。
よかったよかった。
その後は各自散ることに。
俺とシュバのもう一人の友人Sはコスプレ会場へ。
他の2人は西へと消えていった。
コスプレ会場20分ほどしか見れなかったけど、かなり熱かったです。
正直同人誌とか見てるよりも良かったw
つーかあのオッサンの為にエロ本買うのはもうこりごりですよ。
おめぇどんだけ飢えてんだよ。。。と
コスプレは面白かったです。
ゴールドセイントとかマツケンとか。
知らないのも多かったけど色々ありました。
なんつーか皆輝いてた。
見終わった後は四苦八苦しながらなんとか元の場所に戻る。
そして4時になり終了。
おつかれさまです。
1時間ほどダベって他の皆に同人誌見せてもらったり。
で、5時になってもまだ当分時間かかるそうなので
俺とKは一緒に帰ることに。
他の3人はまだ残ってたみたいでした。
その後Kと色々話しながら帰りました。
初対面と良くあれだけ話せた。
やっぱり彼も結構不満だったらしいです。
今ネトゲはやってなかったりそんなに同人系じゃなかったりと
俺くらいの普通の人でした。
特技はブラインドタッチだとか。
バイトも1月から入力系の仕事するとか。
技術持ってるんだな・・・・
なんか検定試験1級以上の腕らしいです。
俺もブラインドタッチマスターしたいな。
とか、言っても努力はしないんですけどね。
あははははは
その彼とは大井町駅で別れる。
また機会があったら夏コミで会おうと約束。
多分もう行かないかも知れないけど、達者でな。
その後帰って9時に寝ました。
おつかれさんです。
余談
結局ROのみーあさんにもQたんにも会えませんでした。
みーあさんは途中見かけたけど。
あと朝昼飯は抜きでした。
よくもったわ。
そしてあのオッサンは帰りの時も最後まで何も言わず
お礼なども勿論無く、交通費さえも出してくれずに終わりました。

バイト

今年最後のバイトでした。
いやー実に疲れた・・・
そして帰って即効寝ようと思っていたら
いつの間にか3時になり寝るタイミングを逃す。
そしてそのまま徹夜することになりました_no
明日はいよいよコミケの日です。

飲み会

朝の10時から昼3時までバイトでした。
睡眠時間5時間はやっぱきつかった。
で、帰って少しROやって仮眠。
を、とろうと思ったらいきなりまっちゃんから電話。
どうやらこれから飲み会やるから来い、とのこと。
行ってみる事に。
仮眠して起きて仕度。
8時に家を出て8時半に皆集合。
この前買ってった服着ていきました。
みんなリアクション薄かったけど!(笑
まぁあくまで「流行の最先端のファッション」ではなく
「普通レベルのファッション」ってことです。
脱ヲタはこれで十分かな。
で、早速和民へ乗り込む。
集まった面子は俺、まっちゃん、つっくん、みぞ、まえだ
まえだは中学の時の同級生。
酒頼んで色々飲んだり食ったりしてました。
正直あんま覚えてなかったり。
一番初めは和民のメニューの☆2つカクテル頼んだかな。
カシスレモネード
☆4つまであって4はアルコール25度↑らしい。
からあげとか色々頼んで皆で食いつつ酒を飲む。
たまんねー
で、2杯目はモルツ生グラス。
3杯目はキングストロベリーマルガリータとかいうデカイやつ。
☆4で注目してたらみぞが勝手に注文。
飲まされるハメに。
つーかこれカップル用じゃんかよー。
ストロー2本を口に入れてちゅー
感想としては甘くて結構うまかったです。
けど、後味がめっちゃやばい。
ほんとに25度はきついと思った。
試しにみぞに飲ませてみたらかなりやばそうでした。
酒弱いせいか普通の☆1-2のやつで結構酔ってました。
気持ち悪いーとか。
俺は逆にテンション上がりまくりで1人つっぱしってました。
4杯目はジンライム
見るからにやばそう。
☆4
これもみぞが勝手に注文。
飲んでみたら案の定やばすぎる。
マルガリータが☆4ならコレは☆5な勢い。
まず第一に美味しくない。
しかし飲む。
さらに酔っ払う。
酔っ払うともう訳が分からない状態でした。
1つ確実に覚えていることがひたすら平謝り。
つっくんが物凄くウザがってたりすると
ごめんね、ごめんね、うへへへへ
ごめんを連呼。ワケワカラン。
まっちゃんが合計30回↑くらいは言ってたとか教えてくれました。
11時を過ぎたあたりでサトケンも登場。
ここでさらに俺のテンションも上がる。
このあたりから良く覚えて無いけど
水沢山飲んで酔い覚ましました。
意外とすぐ回復した。
12時ちょい過ぎたあたりで解散することに。
1人3000\の出費でした。
でも楽しかった。
おつかれさん、次はもっとクールにいくよー。

クリスマス

蘇るあの時の記憶。
忘れられない、そして今年もシングルベル。
こんばんわ、25日も一人寂しくROです。
この脱力感、やばいです。
23時30分から平井堅の番組見てました。
そこでまた泣く。
そして今年のクリスマス、終わりました。
ああ、来年はどうなってるんだろうか。