新たな一歩を踏み出す その2

新たな一歩を踏み出す

あれから進展があったので書いておく。

まずITプロパートナーズと面談してみたところ、なかなか良さそうだった。ここを使っていくことにした。週3案件とも持っていて、自分の勤務日数時間の要望をちゃんと聞いてくれるようだった。ナイス

で、まずは1社目のリクルートマーケティングパートナーズ(RMP)との面談。特に問題もなく和やかな雰囲気で終了。Scala + Scalazとかで関数型で開発している模様。

フレームワークはPlay2なので、多分そこはもうあまり得られるものはないだろうけど、関数型で開発している点は非常に気になる。ぜひともそこは覚えてみたい。開発サービスは有名ものでBtoCで非常に興味はある。何よりも良いのは完全フレックス、リモートワークOK、週3OKという点。今の自分に最適な環境では?と思った。

あとは問題のスキル見合いとなっていた報酬の部分。ぜひとも最低でも日単価5万, 週3勤務なら月60万は出して欲しい。

まだ4社くらい面談は残っているのでどうなるのかはわからない。

それとは別に今友人のIT企業でインターンしていてそちらで雇ってもらうコースも考えているところ。今日その辺な話をさらっとしてきた。

嬉しいことに塚本だったら雇うのはOKとのこと。

正社員になったらストックオプション(SO)が付いて、上場時に5000万円くらいにはなるらしい。その代わり給与は他の企業よりは低くて週5勤務で40-50万とのこと。自分の場合はまずは週3勤務を希望しているので月24-30万という感じになる。

フリーの場合は1.3倍程度になるらしい。SOはつかないけど。なので、月31-39万程度。

面談でお断りされる可能性とかは置いといて、今の所自分にはいくつか選択肢があってどれにするか迷い中。

  • RMP 週3コース 予想月60万
  • RMP 週3コース + 友人会社 週2コース 予想月60万 + 20万
  • 友人会社正社員コース 週3コース 予想月24万+SO
  • 友人会社正社員コース 週5コース 予想月40万+SO

友人会社もまだ確定金額じゃないのでそれがどう変わるのか。今後の進展でどうするか決めます

自分の長所(第三者目線)

とあるIT企業のCTOが友人で少し一緒に働く機会があった。そこで自分の長所を教えてもらったので忘れずにメモしておく。

  • 技術力がある
  • 仕事が早い
  • 技術・仕事のキャッチアップが早い
  • 真面目
  • 積極性がある(次の仕事を求めて行ったりとかで)
  • 改善提案などもしてくれる
  • 報告・連絡・相談がしっかりしている

一緒に仕事した期間が短いので欠点は挙げてもらえなかった。まだ見当たらないとのこと。

なるほどと思った。自分が長所だと思っていなかったところもある。1つずつ自分なりに考察や振り返りをしてみる。

技術力がある

(上には上がいるが・・・)大学時代からずっとIT一筋だったし、人並み以上に努力や研鑽してきた甲斐があった。

これは素直に嬉しい。これからは自信を持って行こう。

仕事が早い・キャッチアップが早い

そもそもプログラミング言語は1つ覚えれば2つ目以降は学習コストがかなり下がる。言語によっても手続き型だの関数型だのいろいろあって、種類が同じほどコストは下がる。で、Rubyを新しくやってるわけだけど、やはり他の言語の経験が生きてる。同時にRailsもやっているけど、これはPlay2の経験が生きている気がする。

そういう点もあるし、仕事中は結構真面目にやっているし、何より今は技術への興味が普段より増してきたというのもあって早いのだと思う。

あとは社会人1年目からは速さを考えて仕事してきたというのもある。

これも素直に褒められて嬉しかった。今後も油断せずに、でも根を詰めすぎずやっていきたい。

真面目

これは特に触れることなし。そういう正確です。よくもあるし悪くもあると思う

積極性がある

怖いもの知らずっていう表現の方があってる気がするけど。昔から何でも言ってきた。そのせいで反発することもあったけど。

何にせよ話したり議論したりしないと進まないし、積極的である方が仕事でもプライベートでも何にせよ有利な気がする。これは今後も意識していきたい。

改善提案

やはりそれなりに社会人経験や仕入れてきた知識もあるので、ちょいちょい改善点は浮かんだりする。それは持ち前の積極性をもってどんどん言っていくようにしている。これもこのまま意識して続けていきたい。

報告・連絡・相談

なんで褒められたんだろうか。まあある程度気にしてはいるところだけど。聞くところによると意外とエンジニアでできてない人は多いらしい。

多分だけど1社目での経験が生きているのかもしれない。お堅い大手だけあって、研修やその後の配属で繰り返し指導されたし、相談とかが甘くて指摘されたこともあったような気がする。

報告・連絡しないとまず状況や考えが必要な人に行かなくてそこでトラブルが起きるし、一人で抱え込んでてもそれで誰かが不利益を被るんだよな。

俺は割と吃ったり、声小さかったり、面白い話できないしで、そういう意味ではコミュ症だけど、ほうれん草という点ではコミュ症ではないと思うので、社会人やる分には今の調子を維持していけば良いのかもしれない。(面白い話もとても大事なので必要だけど…面白い話するスキル欲しい)

総括

技術屋としても社会人としても評価していただけているようなので、今の調子で頑張っていこう

金土日の目標

1つ前に書いた通り、インターンの計画がある。まあそもそもうまくいくか、始められるか分からんけど。

それはさておき、インターン行くとなったらRuby(Rails)を使うことになると思う。

Rubyは少しなら書いたことはあるけど、Railsは経験ほぼ0。少し触った程度。

なので、この金土日はRailsを触ってみようと思う。

しかし触るにしても目標というか何を作るかが大事だと思う。

YoutubeのAPIを触ってデータを取得し、装飾を施して画面に表示するとかどうだろうか。そこからいろいろ改良拡張を考えてみよう。

今の自分にはとにかくなんでも良いので行動することが必要な気がする。アイデアの質は置いといて、これでとにかく動いてみよう。

新たな一歩を踏み出す

正直に言うと最近は毎日がたいくつで無為な時間を過ごしているという感覚が強い。

好きな時間に起きて昼飯を食う。

適当にスプラなどをやって遊ぶ。まあ楽しいのだが、とても楽しいというわけではなく、数値の上下に一喜一憂するだけ。

途中英語の勉強をすることもある。ほぼしない。

夕飯を食べる。

アニメを見たり、スプラをしたり、他何か適当。

基本的にスプラトゥーンやそれ関連(コミュニティでの会話など)に時間を使いすぎている。

さらに正直に言いうとほぼNEET。このままだと社会的に死ぬ。

せっかくここまで頑張ってきたのに。高い金払って大学・大学院いって、そのあとの転職フェーズでも転職後でも頑張ったのに。

前置きここまで。

このままだと堕落してしまうのでとにかく動き始めることにした。

まず転職ドラフトを再開した。それと同時に職務経歴書を改めて作成した。

転職は特に行きたい企業も無いので、オファーを待つスタイルにする。

次にフリーランスも経験したいので、レバテックとITプロパートナーズに登録した。

フリーになる理由は以下である。

  • 年収を上げたい
  • 自由なスタイルで働きたい
    • 余裕があるときは沢山働いて、余裕がないときは働く量を減らす
    • 自由な出社時間
    • 合わないと思ったり飽きたら働く場所をすぐに変える

今の所レバテックはダメだった。というのもほぼ週5案件しかないし、案件が面白くなさそうだし、月単価が80程度。月単価80万なら年商960万となってまあまあ良い気もするけど、そこから税金やら保障換算の分やら交通費やらいろいろ引いてしまうと微妙な気がする。だったら年収800万の転職を目標にした方がよくない?

ITプロパートナーズは今度面談。こちらは週3案件などもあるのでちょっとは期待できそう。

そんな感じで転職活動は進み出した。

それと同時に、友人が会社を経営しているので、そこでインターンする計画も立て始めた。実際にどうするかは月曜に決めるが、ここでのインターンはなかなか魅力的。

まず出社時間が自由で、今の自分にはちょうど良い。職場もまあまあ近い。ここはRuby(Rails)を使っているので、自分にとっては未経験なので成長が見込める。社会復帰の良いリハビリになると思う。

この先どうなるかはわからないけど、この9, 10月はしっかりちゃんと未来につながる行動をとって、なんとか復帰を果たすぞ!

高校飲み会で全てを打ち明ける

高校メンバー、1人欠席したけど4人で久々に飲んできた。半年ぶりとかかな。

彼らにここ半年の近況や状態を説明してきた。

とりあえず受け入れてもらえたようだ。

次遊ぶ日(麻雀日)も決めてきたし、今後も彼らとは普通にやっていけそうだ。

未だにLINEグループは抜けたままだが、SNS疲れを感じないくらい自分が回復したら戻ろう。