過去最悪のチームについて反省会をしよう

仕事の話。

直近2年ほど所属していたチームが過去最高にクソチームだったので、何が悪かったのかを反省していく

状況説明

チームは分析基盤環境を作るチームであった。

昨今はAI、機械学習の流行もあり、どの会社もそれを生かそうとしている。

この分野はなかなかに難しいらしい。そもそも学術的にも難しいので、それを扱えるエンジニアもレアなのだが、いざ機械学習で何かを行おうとすると、その前準備に時間がかかるらしい。データを用意したり加工したり。

自分たちはその問題を解決するチームであった。

そのため、まずは様々な部署からデータを収集する基盤、データレイクというものの開発に着手し始めた。

最終的な状況

様々なデータがすぐ使えて、そのデータの加工が楽で、仕事の速度が早くなった!機械学習エンジニア以外もデータを使うようになり、データドリブンで事が進むようになった!

・・・となれば最高だったが、これは実現できていない。

部署の5%程度の人間しか俺たちの環境を使っていない。データの加工は楽になっていない、なぜならその部分は作れなかったからだ。では様々なデータがすぐに使える状態になっていたか?これもNOだ。データはHDFSにあり、すぐに取り出せない。データも全て揃っているわけではないので、結局HDFS以外からも集める必要があり、めんどくさい。

まあ他にもいろいろダメなところはあるのだが、ようするにプロジェクトは失敗だ。

反省点

ここからは失敗に至ってしまった原因をつらつらと挙げていく。

  • 責任者・マネージャがクソ。技術的には高いスキルを持った人なのだが、チームを運営したりするスキルはほぼ0であった
  • 周囲の協力が得られない・得ようとしない。様々な部署・チームからデータを集めたわけだが、どれもこれもデータをいただけないかお願いしているスタイル。その後、そのデータをどう使うか、どうみんなに還元していくかのビジョンなどを正しく説明できていない。つまり周囲は俺らの環境に対して他人事であった。経営層のミスでもある。俺らはただオナニー(開発)していただけ
  • メンバーの積極性やドメイン知識の欠如。隠キャ、コミュ症がとても多いので議論が活発にならない。自分たちの部署や会社をどのようにしていきたいかというビジョンがなく、分析基盤への知識も不足しているので、未来への道筋が明らかにならない

大きいところでいうとこんなところでしょうか。トップである経営層もダメだし、周囲の環境もダメだし、メンバーもダメ。ほとんどダメじゃん。メンバーの開発力はあったと思う。

こういう話を元同僚としたりする。もう何度かしてきたが、結論としては経営層がダメという部分がもっとも大きい。

このチームのせいで休職になったりもしたが、これほどの経験は人生でなかなかできないと思う。今後も何度か振り返って糧にしていきたい。

さようなら元同期よ

1社目の会社の同期と未だにTwitterでつながっている。

たまに飲むこともあるが、最後に集まったのは多分2年前なので結構前。

彼らのLINEグループに誘われていないし、自分はすっかりどうでもいい存在になっている。というかはじめからそう

別に今のままでも良いのだが、Twitterでたまにクソリプが飛んできてそれでイライラすることがある。

仮にも病人だし余計な心労は増やしたくないので、次クソリプが飛んできた時点でフォロー解除とブロックをすることにする。

俺にもっとコミュニケーション能力があれば、より良い関係を築けたはずなので、俺に問題はある

うつ病

最近療養中なのでそれについて書いておく。

病名

「抑うつ状態(多分うつ病)」

とのこと。

やる気が出ない状態が抑うつで、それが長期続くものをうつ病というらしい。

このあたりが参考になった。

https://www.cocoro-h.jp/untreated/overview/

原因

思い当たる節はいくつかあるが、どれもそれほど決定的とは思えない。

  1. 婚活の失敗
    さすがに何度も振られると自分はダメなんだ、みたいな気持ちになってくる
  2. 仕事の不調
    別に普通に開発したり仕事はできていたが、マネージャーとチームがとにかくダメだった。それが全て悪いとまでは言わないが、とにかくチームの明確な目標やそれを実現するような勢いがなかった。惰性で仕事している感じ。モチベ上がらない

私生活も仕事も微妙。

実際のところの病状

とにかく仕事する気は起きない。行きたくないし朝起きれない。

ここまでの流れと本音

  1. チームメンバーほぼ全員が今のチームに絶望。みんな転職を考え始める
  2. やる気が出ないので、うつ病診断サイト的なやつをみんなでやってみる。俺がダントツで1位の高ポイント
  3. 何人かは別の部署に異動、何人かは転職、自分は残ってる組であった
  4. どうやら傷病手当という制度があり、休職しながら金がもらえるらしいことを知る
    (簡単に言うと給料の2/3が健保から支給される。実際に後で支給されたがマジで高かったw下手な新卒の初任給よりよっぽど高い。笑える)
  5. いろいろ考えた結果、休職して療養してから転職することを決意
  6. 4月末にメンタルクリニックに行き、上記の通り診断され、5月から休職開始

未だに仕事する気は起きてこないので、病気といえば病気だが、死にたいというほどではない。なので、会社の同僚(ほとんど転職した)たちから「お前はファッション鬱だよなw」と言われる。自分でもそう思うわ

今後の予定

休職中に英語をちゃんと学び直して転職に生かそうと思っていた。中学英語はとりあえず復習し終わったが、最近は学習ペース落ちてきた。

なので、引っ越しが終わったら気合いを入れ直してがんばっていきたい。

同僚も言っていたがこのままだらだらいって、社会復帰できなくなるのが一番やばい。それは俺も思うので気をつけていきたい。

最後の三茶飲み会

自分が引っ越すので、その前の三茶で飲み会が企画された。

残念ながら一番初めにやろうと言い出した後輩は欠席。

合計8人で焼肉。最高に楽しかったし美味しかった。

全員元は会社の同じ部署で、部署についていろいろ話したりできてよかった。

2次会までやって解散。お疲れ様でした。

理由は知らんけど(いや予想はついてるが)、みんなが前の部署に在籍してたころよりも生き生きとしてた。やっぱ本音とかなんでも言える関係とかは環境によって変わるよね。

次いつ三茶に行くかはわからないけど、次もあれば最大限楽しみたい。

ゲーム部というか三茶会というか、そんな感じの集まりが好きだった

会社の同僚の何人かと仲良くて、ある日飲んでいる最中にゲームをしようという話になった。

まず選ばれたのは地球防衛軍5、ここから怒涛のゲーム部活動が始まった。

暇を見つけては集まってゲームをする。特にガチというわけではなくひたすら楽しむ感じで楽しい。やったゲームはこんな感じ

  • モンスターハンターワールド
  • 地球防衛軍5
  • Dead by Daylight
  • スプラトゥーン2
  • Division
  • FORTNITE
  • Destiny2
  • Stardew Valley

これだけあって、全クリまで行ったのはモンハンと地球防衛軍5だけ。他は少しやった程度。

クリアまでいけなかったのは悲しかったけど、単純に集まってやるだけで面白かった。後半は次第に集まりが悪くなってやらなくなってしまった。みんなの仕事とかの環境が変わったという点が大きいと思う。転職とか配属変更とかあったので。

よくゲームをやるメンツはみんな三茶周辺に住んでいて、気軽に集まって飲みに行ける点も良かった。誰かの家だったり、外の居酒屋だったり。

自分が引っ越すことと、メンバーが転職したりしたこともあって、この集まりももう終わりに近づいている。それはまあ仕方ないけど、とにかくそういう楽しい時期があってよかった。